「ビア缶チキン」外側はこんがり、中身はホロホロ!缶ビールを使った大人気キャンプめし

沖縄でのアウトドアキャンプを楽しむにふさわしい、簡単おいしい“キャンプめし”レシピを紹介します。
今回は、その見た目からもついつい試したくなる、キャンプめしとして近年人気の「ビア缶チキン」。沖縄の老舗アウトドアショップ「NEOS(ネオス)」の徳里さん・池田さんにおすすめのレシピを教えてもらいました。

これぞ醍醐味! 丸鶏を使ったキャンプめし

材料(4人分)

①丸鶏(中抜き):1羽
 ※解凍した丸鶏をお腹の中までしっかり洗い、常温に戻します
 ※キッチンペーパーなどで水分を拭き取り、乾かしておきましょう
②レモン汁:適量
③おろしにんにく:適量
 クレイジーソルト:適量
 コショウ:適量
 ※③を混ぜ合わせておきます(味を見ながらお好みの量でOK)
④オリーブオイル:適量
⑤オリオンビール350ml:1缶(半分ほどの量)

作り方

1)①の丸鶏にレモン汁を塗り、その上から③をたっぷりと表面とお腹の中に塗り込み下味をつけます

まんべんなく、たっぷり塗り込むことがポイント!

2)半分ほどの量を残したビール缶の上部を缶切りで開けてビア缶スタンドにセット。丸鶏はお尻部分から缶に被せていきます。

焼くのが楽しみです。今回は「麦職人」を使いました

3)火にかける前に、手羽を体の後ろ側に折りたたみ手羽の内側にも火が通りやすいようにして、ハケなどを使いオリーブオイルを丸鶏の全体に塗り込みます

でき上がりを楽しみにオリーブオイルをしっかり塗っていきます

4)今回使用したグリルはweber社のオリジナルケトル。直径47cmサイズで2羽調理可能。ビア缶にセットした丸鶏をグリルに配置します

ビア缶スタンドに丸鶏を被せて…あとは焼くだけ!※手前の缶は設置方法のイメージです。未開封のまま火にかけるのは危ないのでやめましょう

5)グリルの半分に炭を配置し、炭のない方に丸鶏のお腹側を炭に向けて30~40分、次に背中側を炭に向けて背中側も30~40分ほど焼きます

【重要ポイント!】
丸鶏がグリルの蓋にくっつかないよう、低めの位置にある炭用の網に丸鶏を配置します

炭用の網の上に配置した丸鶏

6)火の通りをチェック!
丸鶏の胸や背中、太モモ部分を何カ所か竹串で刺します。血の色をしていない透明の肉汁が出てきて、刺した竹串が温かくなっていることを目安にしましょう
※調理用の肉芯温度計を使う場合は、中心温度が80度以上だと安心です

こんがりと焼けたビア缶チキン!

7)お皿に移して取り分けたら完成です
※切って生焼けの場合は再度火にかけしっかりと焼きましょう

一羽丸ごとのチキンは圧巻!
切り分けたら完成! ビールと一緒に…最高のキャンプめしですね!

ビールの水分で中はふっくら柔らかく、外は炭火で香ばしく焼けたビア缶チキン。「自宅では難しいけど、アウトドアでなら試してみたい!」と思った人もいるのではないでしょうか。キャンプならではの最高の料理ですよね! ぜひお試しください。

このレシピを教えてくれたのは…

アウトドアショップNEOSのスタッフ・徳里豪隼さん、池田豊明さん
アウトドアショップNEOSは登山、カヤック、キャンプ、自転車など幅広くアイテムをそろえている沖縄県のアウトドア専門店。沖縄県初のトータルアウトドアショップとして、2002年7月、浦添市牧港にオープンしました。NEOSのウェブサイトはこちら


アウトドアにも、オリオンビール!お求めは公式通販へ。

オリオンビール商品はもちろん、オリジナルグッズや沖縄県産品も購入できます。アウトドアでもオリオンビールをお楽しみください!

>>オリオンビール公式通販はこちら