旬の鮮魚をシンプルにいただく!『マース煮』

マースは沖縄の方言で「塩」のこと、マース煮とは塩水で蒸し煮にした調理法のことを言います。

シンプルな料理なだけに、塩にこだわるのも良いですね。ミネラルたっぷりの天然海塩をチョイスしてください。

魚は新鮮な旬の白身魚を。お店でウロコと内臓を取ってもらえば調理もラクです。

今回は鯛を使っていますが、メバルなどもオススメです!

材料(2〜3人分)

  • 白身魚 450g前後(小さめの魚2匹でも良い)
  • 塩 小さじ1
  • 酒 大さじ3(泡盛, 日本酒, 焼酎 何でも良い)
  • 生姜スライス 3枚
  • 木綿豆腐 1/3丁(3等分する)
  • 人参 1/3本
    (1cm幅のスティック状に切り、レンジにかけて柔らかくしておく)
  • わかめ お好みの量
  • 水 400cc + 昆布1枚

作り方

① 魚のウロコと内臓を取り、きれいに洗う。
表面と内側に塩小さじ1/2(分量外)をすり込み10分置き、出てきた水分をしっかり拭き取る。

② 鍋に①の魚、塩、酒、生姜を加えて強火にかける。
沸騰したらアクを取り除いて中火にし、フタをして10〜12分煮る。
途中で2〜3度フタを開けてアクを取り、煮汁を魚にかける。

③ 豆腐、人参、わかめを加えて再びフタをし、3分煮て完成。

ポイント

  • 下ごしらえはぬかりなく!(手順①)

塩を振った魚から水分が出ることで、適度に身が締まり臭みも抜けます。

表面も内側も水気をしっかりと拭き取りましょう。

  • 昆布を下敷きにして煮る ⇒ 盛り付けが楽に!(手順②)

盛り付ける際に、昆布の下にフライ返しをすべらせながら魚を持ち上げてください。

身を崩すことなく皿に盛ることができます。

  • シンプルなだけに丁寧に!(手順②)
    手順②の通り、蒸している途中でアクを取り除きましょう。
    クリアな煮汁に仕上がり、魚の臭みも取れます。
    そして煮汁を上からかけることで、ふっくらと均等に煮上がります。

【アレンジ】オリーブオイルや柑橘果汁で ‘味変’

完成したマース煮にひと回し。

オリーブオイルや柑橘果汁をプラスする ‘味変’ もお楽しみください。

シンプルな料理ですから、キャンプごはんにも良いですね。

このレシピを教えてくれたのは…

記事執筆&撮影: 玉城久美子(フードアナリスト/沖縄ライフスタイルアドバイザー)

「沖縄をつなぐ」「地域と人をつなぐ」「人と人をつなぐ」をモットーに、地域のイイモノ・イイコトを食を通じて発信しています。


沖縄料理とオリオンビールで乾杯! 公式通販は全国どこでもお届け。

公式通販では、オリオンビール商品はもちろん、オリジナルグッズや沖縄県産品を全国どこでも購入できます。ご自宅でもオリオンビールをお楽しみください!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3929326-2-480x320.jpg