青パパイヤで作る炒め煮、それが『パパヤーイリチー』!

「パパヤーイリチー」、ネーミングだけを見るとエキゾチックな感じもしますが、昔ながらの沖縄家庭料理です!

イリチーは以前ご紹介した「クーブイリチー」と同じく、材料を油で炒めてだし汁で煮たもの。

だしをたっぷり含んだパパヤーは口に含むと旨みがじんわりと押し寄せてきます。
シャクシャクとした歯応えもクセになるのではないでしょうか。

おつまみにもピッタリでヘルシーですから、ビールと一緒にたっぷりお召し上がりください。

※ 肌の弱い方が青パパイヤの果汁(白い汁)に直接触れると、かゆみやかぶれの症状が出る場合があります。ご注意ください。

材料(3〜4人分)

  • 青パパイヤ 小玉1個(350〜400g)
  • 豚バラ肉スライス 50g(7〜8mm幅に切る)
  • 塩 小さじ1/2
  • 鰹だし汁 120cc
  • しょうゆ 小さじ1/2
  • サラダ油 大さじ1

作り方

① 豚肉に塩ひとつまみ(分量外)をもみ込み、しばらく置く。

② パパイヤの種を取り除いて皮をむき、細切りにする。
水に浸けてアク抜きし(5分程度)、ザルに上げて水気を切る。

③ フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を焦がさないように炒める。
肉の色が変わり脂が出てきたら、パパイヤを加えて更に炒める。

④ パパイヤがしんなりしてきたら、だし汁と塩を加えて、汁気がなくなるまで中火で煮詰める。

⑤ 汁気がほとんど無くなったところで鍋肌からしょうゆを加え、混ぜ合わせて完成。
味が薄ければ、塩でととのえる。

ポイント

ここでも大活躍!「シリシリー器」

人参シリシリーのレシピにも登場したシリシリー器は、パパイヤイリチーを作るときにも大活躍!野菜をあっという間に細切りにできます。

「しっとり」がイリチーの美味しさ!じっくり煮る

しっとり食感に仕上げるのがイリチーの一番のポイントです。
だし汁と塩を加えたら中火でじっくり煮詰め、パパイヤに煮汁をたっぷり含ませてください。

【アレンジ】洋風パパヤーイリチー

洋風アレンジにもぜひトライを。
「油で炒める」+「だしで煮る」= 旨みたっぷり炒め煮となれば、それは「イリチー」です!

【材料】

  • 青パパイヤ 小玉1個(350〜400g)
  • 人参 少々
  • ベーコンスライス ハーフサイズ3枚(7〜8mm幅に切る)
  • チキンコンソメ 1/2個(スティック1/2包)
  • お湯 120cc
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ブラックペッパー お好みの量

【作り方】

  • チキンコンソメをお湯で溶き、基本のイリチーと同じように作る。
  • ベーコンにもコンソメにも塩分が含まれていますので、塩やしょうゆは仕上げの調整程度にどうぞ。

このレシピを教えてくれたのは…

記事執筆&撮影: 玉城久美子(フードアナリスト/沖縄ライフスタイルアドバイザー)

「沖縄をつなぐ」「地域と人をつなぐ」「人と人をつなぐ」をモットーに、地域のイイモノ・イイコトを食を通じて発信しています。


沖縄料理とオリオンビールで乾杯! 公式通販は全国どこでもお届け。

公式通販では、オリオンビール商品はもちろん、オリジナルグッズや沖縄県産品を全国どこでも購入できます。ご自宅でもオリオンビールをお楽しみください!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3929326-2-480x320.jpg