愛され昆布料理の決定版!『クーブイリチー』。

昆布を多用する沖縄において、誰もが好きな昆布料理といえば「クーブイリチー」なのではないでしょうか。

昆布と豚の旨みに砂糖しょうゆの甘辛い味付けが重なり、箸が止まらなくなります!

そして、だし汁でしっとりするまで昆布を煮込むのが、この料理の特徴です。

休日の昼下がり、ビール片手に「よんなーよんなー(ゆっくりゆっくり)」、ゆったり気分で作ってみてください。

材料(4人分)

  • 刻み昆布 30g
  • 豚バラ肉 100g
  • かまぼこ 50g
  • つきこんにゃく 50g(または板こんにゃくを細めに切る)

【調味料】

砂糖 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
泡盛 大さじ1 (日本酒や焼酎でもOK)
みりん 大さじ1/2
だし汁 500〜600cc (豚の茹で汁+昆布の戻し汁)
塩 少々
サラダ油(a) 大さじ1
サラダ油(b) 大さじ1/2

下準備

  • 豚肉を茹でる、茹で汁を取る。
  • 鍋に湯を沸かし豚肉を入れ、2〜3分茹でたら湯を捨てる。
  • 鍋に肉とたっぷりの水を入れ、火にかけて40〜50分茹で、そのまま冷ます。
  • 昆布を水で戻し、戻し汁を取っておく。
  • こんにゃくをお湯で2〜3分茹でてアク抜きをする。
  • こんにゃく・かまぼこ・豚肉を、同じくらいの幅・長さ(5cmくらい)に揃えて切る。

作り方

  • 鍋でこんにゃくをから煎りし、水分を飛ばす。
  • パチパチッと音がしてきたらサラダ油(a)を入れて熱し、【調味料】を加える。
  • 豚肉も加えて味を含ませ、2分ほど経ったらこんにゃくと豚肉を取り出す。
    (※ 煮汁は鍋に残す。)
  • 煮汁が残ったままの鍋にサラダ油(b)を入れて熱し、昆布とみりんを加えてさっと混ぜる。
    だし汁の1/3を注いでコトコト煮る。
  • だし汁が減ってきたら少しずつ足して…を繰り返し、30分ほどかけてじっくりと煮る。
  • こんにゃくと豚肉を戻して全体になじませ、最後にかまぼこを加える。
  • 味見をして薄ければ、塩で調えて完成。時間があれば、一旦冷ます。

ポイント&アレンジ


①目指す食感は「しっとり&やわらか」!

昆布にだし汁をたっぷりと含ませ、しっとり柔らかく仕上げます。

だし汁を少しずつ足しながら、コトコトと30分は煮込みましょう。

②「煮汁がまだ多いかな?」くらいで火を止め、冷ます!

鍋底を覆うくらいの煮汁が残っていても大丈夫!

冷める途中で昆布が煮汁を吸い、それによって味の深みとトロリとした食感が増していきます。

③ごま油の香りをプラス!

分量のサラダ油(b)をごま油に置き換えれば、香ばしさも加わります。

このレシピを教えてくれたのは…

記事執筆&撮影: 玉城久美子(フードアナリスト/沖縄ライフスタイルアドバイザー)

「沖縄をつなぐ」「地域と人をつなぐ」「人と人をつなぐ」をモットーに、地域のイイモノ・イイコトを食を通じて発信しています。


クーブイリチーをつまみに、オリオンビールで乾杯! 公式通販は全国どこでもお届け。

公式通販では、オリオンビール商品はもちろん、オリジナルグッズや沖縄県産品を全国どこでも購入できます。ご自宅でもオリオンビールをお楽しみください!