オリオンと、笑顔のある風景(vol.5)

沖縄在住のカメラマンによる、沖縄を歩いて見つけた撮りおろし写真。

オリオンビール公式サイトのトップページで次々と移り変わるオリオンと、笑顔のある沖縄の風景を、ぜひお楽しみください。この記事では、2020年11月分の撮影裏話をお届けします。

オリオンビールは「笑顔」を届けています。

撮影場所:オリオンビール名護工場(名護市東江)

オリオンビール工場は、沖縄県民はみんな知っている場所です。工場の門をくぐると香ばしい麦汁の香りが漂います。スタッフさ
んにお話をお伺いすると、この香りが鼻腔をくすぐると仕事モードになっちゃうのだとか(笑)。工場や配送倉庫、研究所も
お邪魔させていただきましたが、オリオンビールは飲む人も売る人も、そして作っている人もみんなが「笑顔」で関わっているん
だなと実感しました。

ちょっと遅い夏休みを沖縄でお楽しみ中。

撮影場所:オリオンハッピーパーク(名護市東江)

東京から家族旅行でいらしていたご夫婦に出会い、撮影に協力していただきました。このコロナ禍でずっと外出さえもままならない生活だったのを、“遅い夏休み”と称してたっぷりと沖縄を満喫されているとのこと。オリオンハッピーパークでは、工場見学ツアーの終わりに工場直送のビールが試飲できます。運転手の旦那様は、オリオンのノンアルコール「クリアフリー」を、奥様はオリオン「ザ・ドラフト」に舌鼓。沖縄旅行のいい思い出、いっぱいできましたでしょうか。またいらしてくださいね!

キュートな女子3人、めいいっぱいビーチを楽しむ。

撮影場所:トロピカルビーチ(宜野湾市真志喜)

ビーチパーティの準備で、荷物をたっぷりと持ち込んでいたところをお声かけしました。友人同士という3人、これからもう少し友人たちが集まってくるのだとか。撮影中、いろんなポージングに協力していただきました。この一枚だけのご紹介なのが残念なぐらい!こちらがびっくりするぐらいの様々な表情やポーズをしてくれ、撮影を楽しんでくださいました。この後のビーチパーティも楽しめているといいですね!

サンセットを背に、涼むのもいい。

撮影場所:トロピカルビーチ(宜野湾市真志喜)

市内にお住まいというお散歩中の男性にお声かけしての撮影です。日の暮れかけたトロピカルビーチは、日中の強い日差しが和らぎ、少し涼しげな時間帯。ビーチ隣の宜野湾港マリーナは、県内最大級の広さ。ヨットが停泊されているだけじゃなく、マリンスポーツも楽しめるスポットなんです。日暮れに望む水平線と潮の香り、そしてヨットのシルエット。これにオリオンビールをセットしたら、贅沢この上ないシーンです。こんなスポットがお散歩コースにあるっていいですよね。

写真家プロフィール

白木 裕紀子

東京都出身。2008年沖縄移住。沖縄県内外の広告、雑誌、パンフレットを中心に、料理、風景、人物ジャンル問わず撮影。被写体の自然な表情や様子を大切に、作りすぎない撮影を心がけています。

※店舗等の営業状況について
記事内の情報は取材時のものです。記事内の営業日や時間と異なり、臨時休業される場合もあります。ご来店の際にはお店にご連絡いただき、ご確認くださいますようお願いいたします。


オリオンビール公式通販は、ご自宅にオリオン商品をお届けします。沖縄県外では手に入りにくかった限定商品なども取り扱っていますので、ぜひご覧ください。