全米で人気の新しいアルコール飲料「ハードセルツァー」って知ってる?

「ハードセルツァー」という言葉、聞いたことはありますか? ここ数年、アメリカで一大ムーブメントを起こした新しいアルコール飲料のカテゴリなんです。

今回はこの「ハードセルツァー」とはどのようなものなのか、紹介していきます。

全米で注目が集まる次世代アルコール飲料

このハードセルツァー、実はアメリカで驚異的な伸びをみせている、新しいカテゴリーのアルコール飲料。2019年に大ブームとなり、売上高で前年比約3倍という広がりを見せ(現地調査会社調べ)、今も伸び続けています。

分かりやすく表現すると、“フレーバー付きのアルコール入り炭酸水”。アメリカでは仲間と集まる場などで若者を中心に親しまれているそうです。とりわけ、カリフォルニア州の売り上げの伸びがすさまじく、若者でも“流行に敏感なエリア”が中心になっていることが分かります。

アメリカの大手ビール会社がこぞって市場に参入し、全米を皮切りにヨーロッパなど世界的な広がりを見せています。

特徴はライトですっきり!

現在、アメリカで販売されているハード・セルツァーの多くは、サトウキビを発酵させて醸造したものがベースになっています。それに、天然の果汁やハーブ、スパイスで風味を付けて、さまざまなテイストが楽しめるようになっています。

現代の“ヘルシー志向”にマッチ

全米で爆発的な人気を博した大きな要因と考えられるのは、「低カロリー」「低糖質」という今のヘルシー志向の時流に乗っているという点だと考えられています。昨今、日本のコンビニエンスストアなどでも“低炭水化物ダイエット”の流れを受けて「ロカボ」商品で1つのコーナーができるほど商品が増えていますが、三大栄養素の「炭水化物」に含まれ、血糖値を上げる原因になっている「糖質」を適正に摂取することで血糖値の上昇を抑えることが当たり前の世の中になりつつあります。

こうした理由から、ハードセルツァーは、ヘルシー志向が強かったり、体を鍛えていたりする人たちがアルコールを摂りたい時に選択する商品になっているようです。

飲みやすく、スタイリッシュなデザインも人気

甘すぎない爽快な飲み心地、バラエティー豊かなフレーバーが人気のハードセルツァーは缶での提供が主流。その缶が“スタイリッシュ!”という点も人気の要因と考えられています。

アルコールがきつくないため、若者たちがパーティーやビーチなど、ライトな感覚で手にできて、しかも、その飲む姿が“スタイリッシュ!”ということで、若者と親和性の高いSNSで一気に拡散し、爆発的なヒットにつながりました。その勢いはアメリカに留まらず、イギリスにも上陸したことが報道されるなど、今、世界的に注目されているアルコール飲料といえます。

現代のヘルシー志向にマッチしたこの商品。沖縄の自然や海沿いのリゾートにもとっても似合います。
日本では、沖縄から率先して広げていきたい!という気持ちで、沖縄ならではのハードセルツァーを目指してオリオンも準備中。どうぞご期待ください。


2021年3月、オリオンのハードセルツァー「DOSEE」が発売しました。

沖縄と首都圏のコンビニ・スーパーマーケットのほか、オリオンビール公式通販でもご購入できます。