オリオンと、笑顔のある風景(vol.8)

沖縄在住のカメラマンによる、沖縄を歩いて見つけた撮りおろし写真。

オリオンビール公式サイトのトップページで次々と移り変わる、オリオンと笑顔のある沖縄の風景を、ぜひお楽しみください。この記事では、2021年2月分の撮影裏話をお届けします。

おうちごはんは、美味しいケータリングで楽しもう。

撮影場所:個人宅

この時期、みなさん外食、外出自粛で気分が少し落ち込みがちですよね。そんなときは、美味しいお店で嬉しいケータリングとオリオンビールで楽しむのが一番!この日は、那覇市西町にある沖縄料理と海老のお店「かのうや」さんからのケータリング。山盛りの海老づくしに加えて、蟹もありました!なぜでしょうね、海老と蟹の山盛りは人をハイテンションにさせます。浮き球を照明に、沖縄の海を眺められる素敵なベランダで、海老と蟹とビールのループがはじまりました。

元気スポット。はいさい食品の家族とお客様と。

撮影場所:はいさい食品(那覇市栄町)

那覇市栄町の市場の中で一番大きな雑貨店、「はいさい食品」さんは、創業60年。家族3世代で切り盛りしていて、お酒から青果に、日用品と地元に愛されているお店です。店先に顔を出せば、明るく大きな声で「いらっしゃーい」「これ美味しいよ」「これ今日入ったよ」と声がかかる。立ち寄るだけでも元気がもらえるスポットです。この日は、仕事終わり直前のお忙しい時間にお声かけしたら、快くオリオンビール片手にカメラに目をむけてくださいました。おばあもおかあさんも若者もみんな大好きオリオンビールな一枚になりました。

仕事終わりの一杯で、一息。

撮影場所:生活の柄(那覇市栄町)

那覇市栄町アーケード内にあるバー「生活の柄」さんにお邪魔しました。壁には所狭しと様々な新旧ポスターが貼られ、それがまた店の雰囲気を味わい深いものにさせています。そして、ペンダントライトの温かい灯りの中でいただくビールはまた格別です。
仕事帰りにちょこっと一杯という気分にはもってこいの場所でした。どんな風に今日の一杯を飲もうかな?と思った時に、この場所も候補のひとつになりました。

ひと動き、ひと汗のあとに楽しむ一杯。

撮影場所:キックボクシングジム SHINE(那覇市泊)

この日は、那覇市泊にあるキックボクシングジム「SHINE(シャイン)」さんにお邪魔しての撮影。デリバリーにオレンジ色のバッグとウェアが目印のツボデリさんを活用して、しゃぶしゃぶと島豚料理の「みなみ」さんからオードブルを頼みました。元世界チャンプ、現役キックボクサー、元プロラガー、元競泳選手という経歴のジム仲間の4人は、時折こうしてジム終わりにさくっと飲むことも多いのだとか。思い立ったらすぐにその場で開くこういう飲み会も、気軽でいいですね!

写真家プロフィール

垂見健吾

沖縄県那覇市在住で、沖縄の自然や風俗を中心に撮影するフリーカメラマン。長野県出身。
桑沢デザイン研究所にて写真を習得し、中退後、山田脩二に師事する。以後、文藝春秋写真部を経てフリーとなり、日本トランスオーシャン航空機内誌であるCoralwayの担当カメラマンとして、また数々の写真集や、作家との共著にて、主に沖縄の島々の風景や人々を記録し続けている。「南方写真師」の肩書きを持つ。

※店舗等の営業状況について
記事内の情報は取材時のものです。記事内の営業日や時間と異なり、臨時休業される場合もあります。ご来店の際にはお店にご連絡いただき、ご確認くださいますようお願いいたします。


オリオンビール公式通販は、ご自宅にオリオン商品をお届けします。沖縄県外では手に入りにくかった限定商品なども取り扱っていますので、ぜひご覧ください。