海キャンプをするならコレがおすすめ! 夏に欠かせないアウトドアグッズを紹介!

海水浴に魚釣り、いろいろなアクティビティーが楽しめる海キャンプ。海遊びの後、広々とした海を眺め、波の音を聞きながら飲むオリオンビールも海キャンプの醍醐味の一つですよね。
今回は多数あるキャンプグッズの中から、海キャンプに持って行ってほしいおすすめのグッズを沖縄の老舗アウトドアショップ「NEOS(ネオス)」の徳里さんに教えてもらいました。

海キャンプにおすすめのアウトドアグッズを紹介!

夏の虫も蚊も何のその! 虫を寄せ付けない対策グッズはこれだ!

夏といえば、虫たちが盛んに活動する季節。「キャンプは楽しいけれど虫や蚊がイヤ」なんて方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを解消する、おすすめの虫よけグッズを紹介します。

これは画期的! 虫を寄せ付けない沖縄県産のボタニカル柄ストール
沖縄県内の企業にて製作された「Harusa-guard(ハルサーガード)※」シリーズのひとつ「虫よけエレガントストール 防虫加工済み」。虫よけの成分がしっかりと繊維に加工され、無臭でありながらも虫よけ効果は◎ ハエ、蚊、アリ、ダニ、ノミ、シラミ、ツツガムシ等、寄生害虫に効果が期待できるのだそう。
※ミニ知識:「ハルサー」とは、うちなーぐちで“農業に従事している人”のこと

ボタニカル柄のおしゃれストール
大判サイズなので着こなし方もいろいろ♪

灯かりを楽しみながら虫よけができる「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 虫よけパラフィンオイル」
「飛んで火にいる夏の虫」という言葉があるように、ランタンや電灯を付けると寄ってくるいろいろな虫たち。その虫たちの習性を逆手に取った(!?)虫よけグッズがこちら。ランタンのオイルとして使用できる、虫よけのオイル。虫が嫌う成分を含んだオイルでランタンを灯しながら虫よけができる優れもの。白灯油の2倍の明るさでオイル機能もバッチリです。

虫よけができ、かつ、明るいという優れもの!
明るさもGOOD!

ビールのお供はこれだ! キンキンに冷やせる高機能グッズ

夏の必須アイテムといえば、キンキンに冷えたオリオンビール! もそうですが、ビールやソフトドリンクを冷やすのに必要なクーラ―ボックスや、冷たいままグビッといけるタンブラーなどはなくてはならないキャンプグッズ。そこで今回は折り畳み可能な「ソフトクーラーボックス」と、おすすめのドリンクグッズを教えていただきました。

大容量&冷え冷えを保つならコレに決まり!「AO Coolers(エーオークーラー)」
軽くて便利なソフトクーラーの中でも、「保冷力」の機能が高いAO Coolersのソフトクーラーボックス。厚さ1.9cmもあるポリエチレンフォームが冷たさを継続させ、かつ結露もしない構造になっているのだとか。「漏れ防止ライナー」も備わっているため、ソフトクーラーボックスにありがちな水漏れも防ぐことができます。

350ml缶が24缶&約6.3kgの氷も入るうれしい大容量

持つならカッコよく! 持ち運びに便利なバッグパック型ソフトクーラー「ICEMULE(アイスミュール)」
さまざまなシーンに応じたソフトクーラーを手掛けるICEMULEのバッグパック型ソフトクーラー。容量や保冷力(保温力)もさることながら、その格好いい見た目と使い勝手の良さから、リピーターも多いとのこと。手荷物が多いキャンプで背中に背負えるのはポイント高いですね!

CAMOシリーズのXLサイズ(容量33L)

ドリンクボトルは種類がたくさん! おすすめ3選はこちら

(写真左から)Thermosのステンレスボトル、CAPTAIN STAGの缶ホルダー、STANLEYのタンブラー

“魔法びん”のパイオニアことThermos(サーモス)のステンレスボトル
アウトドアグッズだけでなく、日常生活の水筒や弁当箱など展開が幅広いThermos商品。500mlの容量で長時間の保冷(保温)ができるこちらの商品は280gと軽量でアウトドアに最適。山専用として作られたシリーズでもあるため、77度の飲み物が6時間もキープできる優れもの。お湯を持ち歩きたい人にもうれしい商品です。

キャンプグッズと言えば…のCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の缶ホルダー
ビールやチューハイなど、炭酸飲料は缶を持ち込むことが多いキャンプでは、缶のままで飲む機会も多いはず。そんな時に便利な保冷できる缶ホルダー。真空二重構造で外からの温度の影響を受けにくいため、夏の暑い中でも冷たさをキープできます。
※写真は350mlサイズの缶ホルダーです

漏れにくく、壊れにくいSTANLEY(スタンレー)のタンブラー
口径が広く飲みやすいのがポイント。保温保冷性能はもちろん、ぬるくなった飲み物に氷を足して飲んだり、スープを入れて飲むこともできるオールラウンダーのタンブラー。耐久性、丈夫さにこだわるSTANLEYの商品は壊れにくいため、アウトドア商品には欠かせないアイテムです。
※写真は0.47Lサイズのタンブラーです

海遊びに欠かせない、アウトドアグッズを紹介!

海キャンプに欠かせないのは何といっても海遊び! 家族で海水浴を楽しんだり、釣りで大物を狙ったりなど、海キャンプの醍醐味ですね。しかし、思いがけないアクシデントに遭遇することが多いのも事実。そこで、海遊びを最後まで楽しく過ごすための“絶対に持って行くべき”と言っても過言ではないグッズを紹介します。

海の事故から命を守る「MTI(エムティーアイ) ライフジャケット コンプIII」
コンプIIIは、カヤック用として作られたライフジャケットですが、アメリカ沿岸警備隊からも承認されている高機能のジャケット。浮力の高いフローティングベストであることや、釣りなどでちょっとした小物が収納できるのもおすすめポイントです。

コストパフォーマンスが高いと呼び声の高いMTIブランド

うっかり水没を防ぐにはコレだ! Seallineの防水グッズ3選

サイズや収納するものに応じて防水グッズを選ぼう!

まとめて収納できるSeallineのウエストバッグ「SEAL PAK」
財布や携帯電話、鍵などをまとめて収納できる13×19×22cmのちょうどいいサイズ。ロールトップで閉じることができ、防水性もバツグン! 両手が使えるウエストバッグになっているので、カヤックなどで沖に出た際も落とすことがないのも高ポイント。

色鮮やかなヘザードグリーンのほか、ブルーやオリーブ色も

スマホを守る防水ケースはこちら! サイズいろいろな「E-CASE」
スマートフォンやタブレット端末など、S、M、L、XLサイズまで対応したE-CASEは、海中や濡れた手でも操作ができるタッチスクリーン対応の防水ケース。ストラップで固定もできるので首から下げて写真を撮ることができるのもうれしい。

写真のケースはパスポートも収納できるMサイズ

コンパクトに持ちたい人におすすめのミニ防水ケース「See Pouch」
ビーチやちょっとした出先では持ち物をコンパクトに収めたい人も多いはず。そんな時にはミニサイズの防水ケースがおすすめ! ちょっとした小銭やお札、クレジットカードが入るパーソナルポーチ。調節可能なネックコードもあるので首から下げることも可能。

小さくても機能性は十分なんです!

沖縄の日差しから肌を守ろう! 「サンゴに優しい日焼け止め バームタイプ」
沖縄の年間の紫外線量は、なんと北海道の約2倍(環境省「紫外線 環境保健マニュアル2015」より)。長時間、日差しを浴びてしまうと、肌が真っ赤になりやけどになってしまうことも。日焼け止めクリームは、多くの会社から発売されていますが、「サンゴに優しい日焼け止め バームタイプ」は、その名の通りサンゴに優しい日焼け止めクリーム。意外と知られていないのですが、通常市販されている日焼け止め商品はサンゴに悪影響を与えてしまう化学物質が含まれているそう。「サンゴに~」は、天然精油が使用されているので、人にもサンゴにも優しい商品。沖縄で海に入る際はぜひお使いください♪

サンゴが描かれたかわいいデザイン

おすすめの海キャンプグッズを教えてくれたのは…

アウトドアショップNEOSのスタッフ・徳里豪隼さん
仕事とプライベートを合わせて、年間で60泊ほどキャンプをしている徳里さん。プライベートの海キャンプではお気に入りのタンブラーとクーラーボックス、キンキンに冷えたオリオンビールが欠かせないと目を細めます。

最近はビーチに残った焚き火の直火跡を毎回見つけてしまうそうで、帰る前には直火跡に残った炭の片付けをするのが日課だそう。炭が自然に分解されないことや、ファイアピットに使った石が焚き火の熱で割れて鋭利となり危ないこと、焚き火台の必要性を知ってほしいと語ります。沖縄のきれいな海と砂浜を次の世代にも引き継ぎたいものですよね!

アウトドアショップNEOSは登山、カヤック、キャンプ、自転車など幅広くアイテムをそろえている沖縄県のアウトドア専門店。沖縄県初のトータルアウトドアショップとして、2002年7月、浦添市牧港にオープンしました。NEOSのウェブサイトはこちら

「お気に入りの場所を見つけて楽しんでほしい」と語る徳里さん

沖縄での海キャンプに最適、おすすめの「夏に欠かせないアウトドアグッズ」はいかがだったでしょうか。デザインだけでなく機能性やその用途に応じて使い方もさまざまですよね! 次回もお楽しみに!


アウトドアでも、オリオンビール!お求めは公式通販へ。

オリオンビール商品はもちろん、オリジナルグッズや沖縄県産品も購入できます。アウトドアでもオリオンビールをお楽しみください!