日本最西端の与那国島で、与那国馬に癒やされる|八重山諸島めぐり

海沿いの牧草地でのんびりと過ごす与那国馬

与那国島(よなぐにじま)は八重山諸島の一つで、沖縄本島から南西へ約509km、石垣島から西へ約127kmの位置にある、日本最西端の島です。隣接する台湾とは、約111kmの距離にあり、まれに台湾の山並みが見えることもあるほど!

今回は、八重山諸島の与那国島にスポットを当てます。次の旅は日本の最西端まで足を延ばしてみませんか。

→八重山諸島に関する記事の一覧はこちら

与那国島へのアクセス|石垣のほか那覇からも直行便が就航

与那国島へは、飛行機と船で行くことができます。ちなみに、飛行機は、石垣島からだと約30分、また、那覇からの直行便もあり、那覇からだと1時間20分ほどで到着します。一方、船は石垣島から「フェリーよなぐに」が就航していて、片道約4時間の船旅となります。旅の行程に余裕があったら、ゆっくり船で向かうと、日本最西端の距離を実感できるかもしれません。

東西に長い日本最西端の島

与那国島は東西12km、南北4kmと東西に細長い島です。石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島(上地島、下地島)、西表島、由布島、鳩間島、波照間島の周辺離島と共に八重山諸島に位置します。

島の東部には標高231.3mの宇良部岳(うらぶだけ)、西部には標高194.6mの久部良岳(くぶらだけ)があります。島内には3つの集落があり、北側に島の中心である祖納(そない)集落、西側に漁港を有する久部良集落、南側に比川(ひがわ)集落があります。

北側に位置する祖納(そない)集落/©OCVB

島内には、島民も観光客も誰でも無料で自由に乗り降りができる路線バスが集落を循環しているほか、レンタカーやレンタサイクル、レンタルバイクが用意されていますので、旅の行程に合わせてセレクトしてみてください。

与那国島のおすすめ観光スポット7選

志木那島診療所

ドラマ「Dr.コトー診療所」の診療所セット/©OCVB

2003年と2006年に放送されて人気を博した医療ドラマ「Dr.コトー診療所」(フジテレビ系)の舞台になった志木那島(しきなじま)診療所のロケ地です。青い海のそばに位置していて、入場料300円(高校生以下無料)で診療所の中にも入ることができます。作り込まれたロケ地のセットは、ドラマファンならずとも楽しめるはず!

立神岩(たちがみいわ)

与那国島のシンボルとされる立神岩/©OCVB

島の南東部の海岸にそびえ立つ岩で、与那国島のシンボルとされています。その昔、海鳥の卵を取ろうとこの岩に登って下りられなくなった若者がいて、神に祈りを捧げて眠りについたところ、眼を覚ましたら無事に戻れていたという伝説があるといわれています。

立神岩を見ることができる展望台は2つあり、一つはサンニヌ台の駐車場から600mほど西に行ったところにある展望台、もう一つはそこからさらに500mほど西にある展望台から青い海に突き出る立神岩を眺めることができます。

東崎(あがりざき)

与那国馬が放牧されている東崎/©OCVB

「東」と書いて、「あがり」と読みます。海面から約100mの高さに立ち上がった断崖絶壁の岬になっています。先端には東崎灯台が立ち、展望台も設けられています。天気がいい日は、東の方角に西表島が見られます。雄大な景色が広がる岬周辺はなだらかな放牧地になっており、与那国馬(よなぐにうま)や牛が放牧されるなど、のどかな風景が広がっています。時を忘れてボーッとするのもおすすめ!

与那国馬は小型の日本在来馬で、与那国町の天然記念物に指定されています。島内では、与那国馬の乗馬体験なども行われているので、実際に触れあって癒やされるのもおすすめです。

西崎(いりざき)

条件が良ければ台湾の島影が見られる「西崎」/©OCVB

一方で、「西」は「いり」と読みます。国境の海を望むこの場所は、まさに日本の西の端。岬には日本最西端の碑や灯台、展望台があって、日本で最後に沈む夕陽が見られることでも人気のスポットです。台湾まではわずか111km! 条件が良ければ台湾の島影が見えることもありますよ。

「日本最後の夕日が見える丘」の碑

ティンダバナ(ティンダハナタ)

東シナ海を一望できる天然の展望台「ティンダバナ」

祖納集落とナンタ浜、東シナ海を一望できる標高85mの天然の展望台です。「バナ、ハナタ」は沖縄の言葉で「崖」という意味で、伝説の女性首長、サンアイ・イソバがティンダバナの上に住んでいたといわれていて、近くにサンアイ・イソバの碑が立っています。

ここから湧いている水は、毎年旧暦8月に行われるアラミディ(新水)という祭祀行事で年の初めの水をくむ神聖な場所となっています。

クブラバリ

幅が3~5mある岩の裂け目「クブラバリ」

巨大な岩の割れ目が見られるポイントです。かつて人頭税から逃れるため、妊婦を飛ばせて島の人口を減らしたという悲惨な言い伝えがある史跡です。周辺の海岸には荒波が打ち寄せ、まさに与那国島ならではの景観です。

与那国島海底地形

いまだ謎が多い与那国島の海底遺跡/©OCVB

与那国島の海には「海底遺跡」とも呼ばれているスポットがあります。発見されたのは、1986年。東西約250m、南北150mに渡って広がる巨大な地形です。階段のように見える場所や穴、通路のような場所など、人工的につくられたものなのか、自然のものなのかはいまだに謎に包まれています。

その様相は、まさに神殿のよう/©OCVB

参考サイト:与那国観光WEBJTB 日本の絶景 感動の瞬間



オリオンビール公式通販で、ご自宅でも沖縄気分をお楽しみください。

ご自宅でも沖縄気分を味わいませんか? オリオンビール公式通販なら、沖縄県外では手に入りにくいオリオンビール商品やオリジナルグッズ、沖縄県産品を取り扱っています。8,000円以上の購入で全国どこでも送料無料。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ab3a74c2603e7490059fa70cf590a290.jpg