無駄なく使えてビールにピッタリ!『らっきょうチャンプルー』

「島らっきょうって、どこまでむくの?むきすぎると小さくなっちゃうし…。」

そう思ったこと、ありませんか?

生で食べる場合は厚めにむきたいところですが、チャンプルーなら硬い皮をささっとむけばOK。油で炒めることで、柔らかく甘くなります。

茎も美味しいです!なるべく捨てずに無駄なく使っていきましょう。

材料(3〜4人分)

  • 島らっきょう 300g
  • 島豆腐(または木綿豆腐) 200g
  • 削り節 4〜5g
  • 卵 2個
  • サラダ油(a) 大さじ1
  • サラダ油(b) 大さじ1
  • 【塩水(濃度約10%)】
  • 塩 小さじ2弱(10g)
  • 水 100cc

作り方

  • 豆腐を小さめの一口大に手で割り、ひとつまみの塩(分量外)をなじませ、キッチンペーパーに乗せて水気を切る。
    (※ 木綿豆腐の場合は2〜3つまみの塩をふり、しっかり水切りする)
  • らっきょうの皮をむく。(外側の硬い皮を1〜2枚むく程度でOK)
  • 茎の硬い部分と根を切り落とす。
  • らっきょうを斜め細切りにし、【塩水】に浸ける。
    15〜20分経ったらザルに上げ、水気を切る。(水洗い不要)
  • フライパンにサラダ油(a)を入れて熱し豆腐の両面を焼き、一旦取り出す。
    ※ フライパンに豆腐の水気が残っている場合は拭き取る。
  • サラダ油(b)を足し、らっきょうを炒める。
  • らっきょうがしんなりしてきたら豆腐、削り節を加えて炒め合わせる。
    味が薄ければ、しょうゆ少々(分量外)を加えても良い。
  • 溶き卵を回し入れ、全体に軽く混ぜて完成。予熱で卵に火を通す。

ポイント&アレンジ

「塩 : 水 = 1 : 10」がらっきょうを美味しくする!

濃度10%の塩水に浸けることで、しんなり柔らかく、口当たりの良いらっきょうになります。
浸け時間15〜20分で適度な塩味になり、炒める途中で味付けする手間も省けます。

「強火でささっと」がチャンプルーの基本!

火にかけたらささっと一気に仕上げるのが、チャンプルーの基本です。
火加減はなるべく強火が良いですが、フライパンが熱くなりすぎたら調整してください。

昔ながらの沖縄食の知恵!「ラードちょい足し」アレンジ

沖縄では古くから、栄養補給や旨みアップにラードを使ってきました。
ラードちょい足しで旨みがぐっと増しますので、お肉類が入らないチャンプルーには特にオススメです。
サラダ油(b)とともに加え、らっきょうを炒めましょう。

このレシピを教えてくれたのは…

記事執筆&撮影: 玉城久美子(フードアナリスト/沖縄ライフスタイルアドバイザー)

「沖縄をつなぐ」「地域と人をつなぐ」「人と人をつなぐ」をモットーに、地域のイイモノ・イイコトを食を通じて発信しています。


沖縄料理とオリオンビールで乾杯! 公式通販は全国どこでもお届け。

公式通販では、オリオンビール商品はもちろん、オリジナルグッズや沖縄県産品を全国どこでも購入できます。ご自宅でもオリオンビールをお楽しみください!