オリオンと、笑顔のある風景(vol.9)

沖縄在住のカメラマンによる、沖縄を歩いて見つけた撮りおろし写真。

オリオンビール公式サイトのトップページで次々と移り変わる、オリオンと笑顔のある沖縄の風景を、ぜひお楽しみください。この記事では、2021年3月分の撮影裏話をお届けします。

オリオンビールが元気の源。

撮影場所:ももすけ(那覇市栄町)

那覇市栄町にある居酒屋「ももすけ」さんにお邪魔しました。この日は、スタッフさんにご協力いただいて、お仕事の合間に軽く一杯をご一緒に。栄町アーケードから少し出た通りにある居酒屋さんで、関西系メニューも豊富な地元人に愛されるお店。ひとり飲みでも気軽にのれんをくぐれるお店です。撮影時期、時短営業が始まった頃で人通りの少ない平日夜だったのですが、ひとときの賑わいを取りこぼさない雰囲気でした。

美味しいご飯とオリオンドラフトと75ビールで乾杯。

撮影場所:にじキッチン(宜野湾市野嵩)

宜野湾市野嵩にある「にじキッチン」さんは、ヘルシーランチのお弁当を展開しているお店です。この日は、ケータリング用の食事を用意していただき(3日前予約で受付)、夜はバーにもなるというイートインの場所をお借りしての撮影。
色鮮やかなお皿には、「にじキッチン」さん自慢のランチボックスからのメニューや新作メニューがずらりと並び、お腹も心もいっぱいになるほどのテーブルになりました。

久米島からやってきた二人とビール。

撮影場所:「創作ダイニング-YY-」(那覇市栄町)

那覇市栄町で偶然であった、久米島からの二人。「創作ダイニング-YY-」さんの店頭前で繰り広げられていたライブにお邪魔しての撮影。たまたまこの日は、久米島で民謡居酒屋「カラオケバー島ぐくる」を営んでいるというお二人が、那覇に出向いてのライブでした。店内のみならず、店先にも簡易テーブルと椅子を並べて楽しい沖縄民謡とビールで賑わっていました。

沖縄料理に欠かせない豚肉屋さん。

撮影場所:町田精肉店(那覇市栄町)

那覇市栄町の精肉店で撮影させていただきました。親子で切り盛りされているというお店です。豚の顔皮(チラガー)がインパクト大ですが、沖縄では当たり前に見かける風景。沖縄料理には欠かせない豚肉を中心に、新鮮な精肉がガラスケースに並びます。「さぁ、いらっしゃい」と大きな声が市場全体を明るく元気にさせてくれる、そんなお店です。

写真家プロフィール

垂見健吾

沖縄県那覇市在住で、沖縄の自然や風俗を中心に撮影するフリーカメラマン。長野県出身。
桑沢デザイン研究所にて写真を習得し、中退後、山田脩二に師事する。以後、文藝春秋写真部を経てフリーとなり、日本トランスオーシャン航空機内誌であるCoralwayの担当カメラマンとして、また数々の写真集や、作家との共著にて、主に沖縄の島々の風景や人々を記録し続けている。「南方写真師」の肩書きを持つ。

※店舗等の営業状況について
記事内の情報は取材時のものです。記事内の営業日や時間と異なり、臨時休業される場合もあります。ご来店の際にはお店にご連絡いただき、ご確認くださいますようお願いいたします。


オリオンビール公式通販は、ご自宅にオリオン商品をお届けします。沖縄県外では手に入りにくかった限定商品なども取り扱っていますので、ぜひご覧ください。