沖縄出身イラストレーターPokke104さんに聞く、沖縄のアートシーンへの想い(中編)|#オキナワッタインタビューvol.3

インスタグラムメディア「オキナワッタ」では、沖縄の魅力を発信するチューハイブランド「WATTA」にまつわるストーリーや、沖縄の新しい魅力、活躍する人物などを紹介しています。

そんなオキナワッタがお送りする、インタビュー企画🗣💬

「オキナワッタ」の中の人、MANARiNが、沖縄で活躍する面白くて素敵な方々にインタビューしてご紹介していきますので、ぜひお楽しみくださいっ♩

Pokke104さんのインタビュー(中編)!

>>前編はこちら

最近のアート活動・これからについて

DFS沖縄でのライブペイントイベント。(左:Pokke104さん)

MANARiN(以下M):最近は、なかなか人を集めるイベントもできないですが、ポッケさんもお仕事にいろんな影響があったんじゃないですか?

Pokke104さん:ありましたよ〜!あったけど、自分の中で気持ちがリセットする時期というか…なかなか今までできなかったこと、もう一度見直すということにシフトしましたね。

最初は大変だったんですけど…。2月の時点で年内のイベント全てキャンセルになったりして。先月は展示会ができたんですが、実はおばあちゃんの命日にイベントをしようと思ってたんですよ。石垣のおばあちゃんの墓参りの意味も込めて、しまうむい(島想い)の絵を描いていたんですけど、その展示もギリギリまで迷っていて…でも、全体的にGO TOトラベルで世の中も動きだした時期だったこともあって、なんとか開催できて…。やってよかったな〜っていうことと、イベントのやり方も変えていこうと思いましたね。

ワークショップとか、子供たちとか、たくさんの人を呼んでやることが多かったんですけど、今回は少人数にして、作るものをメッセージとして残す体験をするような、地球に優しい空間づくりをテーマにエコラップを作ったんです。

M:え!素敵〜!

ワークショップで作ったエコラップ。

Pokke104さん:沖縄の文化だったり、海の生きもの、山の生きもの全部入れて…イリオモテヤマネコからサンゴだったり、中にはサングヮーとかも入ってたり、これ食事を包むので、お守りみたいな。沖縄の命のつながりとかっていうのをテーマにして、トークしながらイベントにしていったりして…「これ1枚あることでゴミも減らせるよー!」とかそういうメッセージを込めてね!

M:こんなイベント、またやる予定ありますか?私も参加したいです〜!

Pokke104さん:本当ですか〜!参加してくださーい!

沖縄本島でもまたやりたいな〜って思って。これ、沖縄で作られた蜜蝋で、新垣養蜂と、おじさんがやってる読谷の養蜂場から分けてもらったりしてるんです。なので、地元の養蜂場とか蜂のことも紹介しながらやりたくて。地元で作ったもの、自分で作ったものだと、さらにまた愛着湧くじゃないですか!

M:たしかに〜!素敵です!

Pokke104さん:ありがとうございます。でもこの時期は、本当そういうのを、考え始めましたね〜!少人数でもできるイベント、みたいな。

M:なるほど〜!そうですよね、その環境とか時代に適応しながらやっていかないといけないですもんね〜!

Pokke104さん:そうそう。私「沖縄アマビエプロジェクト」っていうのを立ち上げたんですよ!

実際に会わなくても、私の絵がダウンロードできたり、色んなアーティストさんに呼びかけてマスクを作れるようにしたり、美ら海水族館とコラボレーションして、海の生き物を勉強できるようなサイトを作ったんですけど、それもコロナだったからこう、他の仕事がないときにせっせと作ってて…(笑)みんなで遊ぼうよ〜!みたいな、家の中で楽しもうよ〜!って感じで(笑)

M:素敵〜!でも本当、外に出られないから、お家で楽しめる、学ぶきっかけができたり、アートを気軽に楽しめたり…そういうのは良いですね〜!あとは自分と向き合える時間ができたって意味では、確かに良いきっかけでしたよね〜!

Pokke104さん:そうなんですよね〜、自分でも変わろう!っていう時期でしたね〜。

M:そうですよね〜!私もちょうど2019年12月から、2ヶ月間ピースボートっていうクルーズ船で旅をしていて、その旅から帰ってきて、その前に会社を辞めたので、これからフリーランスでやっていくぞ!って時に、コロナが流行りだして、観光系の仕事は全部キャンセルになって、って感じで大打撃を受けて…(笑)

でも、自分の中でやりたいことは決まっていたので、そのできた時間で優先順位をつけたり、自分の人生を見直したりとか、いろいろ考える時間になりましたね。

Pokke104さん:え〜そうなんですねー!でも、変な話、ギリギリのタイミングで世界を見てきたってことですね〜!でも本当、良かったですね〜色んな場所を見て…。

M:そうですね〜。私、今までずっと沖縄にいて、沖縄から旅行くらいしか出たことがなかったので、やっぱり、外に出た人しか気づけない沖縄の魅力や問題点ってあるじゃないですか。そういう目線は、ずっと自分に足りないなとは思っていて、だから沖縄を発信する上でいつかは出ないとな、出る期間は必要だな、とは思っていたので…。まぁたった2ヶ月間なんですけど、やっぱり地元の沖縄を離れるって、最初はワクワクでいっぱいだったんですけど、どっかで寂しい気持ちはずっとあって、帰ってきたらもうずっと沖縄の曲ばっかり聴いてました(笑)

ちょっとの期間しか沖縄を離れていないけど、改めて、自分は沖縄が好きだな〜っていうのを実感しましたね。なので、そういう意味でも、旅に出て良かったな〜って思いました。

Pokke104さん:なんか旅って、色んな経験もできるし、写真でも一生残りますもんね。だからまたこういうふうに、安全に旅ができる日が来ることを願います。

でも、本当旅って色んな人との出会いもあって、良いですよね〜。

M:そうですよね〜!この旅でも、たくさんの人と出会いました!これからもこの繋がりが続いていくといいな〜って思います。出会いって、本当に大きいですよね!出会った人から、色んな影響受けたり、自分を見直すきっかけになったりとか…。

Pokke104さん:確かに!私がパワーをもらう人って、みんなこういう風になりたい!って思うような人が多くて、YOKANGのカンナさんとか、ポジティブパワーが凄くて…!実はちゅらWATTAのデザイン描くとき、カンナさんをイメージしていたんですよ!私の中で、沖縄の女性とか、パワーをもらえる女性っていう、紅型とか、沖縄の伝統文化のなかで自分を表現しているじゃないですか!あとは沖縄で出会った女性の方々をイメージしながら描いてました!

M:そうなんですね!だからその自分の出会いが作品にも繋がってるんですね〜!

オリオンビールとの繋がり

Pokke104さんがパッケージをデザインした「ちゅらWATTA」

M:ちゅらWATTAのデザインもすごい好評ですね!自分の周りもデザインに惚れて買ったみたいな人が多いです!

Pokke104さん:え〜そうなんだ〜!嬉しい!元気色多いですもんね!

M:オキナワッタのアカウントでも、よくシェアとかDMとかコメントとか見るんですけど、デザインが可愛すぎて瓶が捨てれないから、そのままお家に飾ります!とか言ってる方もいて、やっぱデザインの力ってすごいなって思いました!

Pokke104さん:へぇ〜そうなんですねー!励みになります!

WATTAもね、こういう風に、いろんなコラボレーションアイテムが増えるじゃないですか!それも毎回毎回楽しみで、購入する方も「次はなんだろう?」って楽しみが増えるといいですよね。コンプリートしたくなるような!一気に今までのやつを飲み比べたいってのもありますよね!

M:カラフルだし、デザインも色々個性があったり沖縄を感じられたりするので私も楽しみです!

Pokke104さん:ね〜!その中でも瓶のデザインを手掛けさせてもらえるっていうのが、私にとってもとてもありがたくて…もう感謝感謝です!

ちょっと話が戻るんですけど、実はですね、私が絵を描く前に「描きたい!」と思ったことがあって…。58号線で、とまりんの前に大きなオリオンビールの広告があるビルがあるんですよ。あれを見ながら通るたびに県民に愛されてるオリオンビールじゃないですか…いつか夢が叶うなら私この広告をやりたい!頑張ろう〜!って思ってた時があったんですよ!それを目標にしていて、絶対オリオンの広告やりたい!ってなってた時に、ちょうど香港でクラフトビールのパッケージの依頼があって、もうオリオンビールやるはずだからっていうので断って(笑)で、こういう風なきっかけに繋がってて、それがね〜嬉しくて…

前はこのオリオンドラフトにヤンバルクイナの限定デザインをさせていただいたんですけど、今回はWATTAっていう形で出来てね、ほんと光栄です!オリオン愛は、強いです!笑

Pokke104さんがデザインした限定缶(右)

M:わぁ〜願いが叶ったって感じですね!素敵!

今回のデザインの色合いも、ちゅらWATTAの液色との組み合わせがすごい良いですよね!

Pokke104さん:あれね〜、まだサンプルできてない時に「こういう味になりますよ!」って担当者の方に送ってもらったんですよ!それ飲んだ時に、これちょっと、もう一度調整させてくださいって言って…味を色にした感じです!

M:なるほど〜!一度飲んで、調整し直したからあんないい色になってるんですね!

Pokke104さん:全身で感じながら、調整しながらって感じで…

M:なるほど!じゃあ普段もデザインとか絵を描く時って、そういうインスピレーションというか自分が感じたものを元に落としていく感じなんですか?

Pokke104さん:それはもうベースにあって…自分のアートとしての表現と自分の作品としての表現とクライアントさんの意見みたいなのは、自分の中で何割ずつっていうのを自分で決めてて、意見も聞きながら自分の表現も入れつつという感じで形になっていってますね。

首里城の絵とちゅらWATTA。

今回は沖縄の女性をイメージしてるんですよ!沖縄の女性ってどんな時でもでポジティブで前向きな雰囲気があるんですよね!私の周りにもこんな女性になりたいっていう目標になるような女性がたくさんいて、力強く咲くハイビスカスをWATTAの中に入れたり、味も優しいフルーティーなライチ味っていうのも色だったりとか、緑の表現とかもWATTAをいただきながら描いてました!

M:自分もこの後それを思い浮かべながら飲みますね!笑

Pokke104さん:みんなのアレンジとかみんなの写真とかSNSで見るのとっても嬉しいですね!

M:ですよねー!絶対本人が1番嬉しいだろうな〜と思ってました!どんどん投稿増えてますしね!

Pokke104さん:嬉しいですね〜あれは。あと、アレンジとかも毎回楽しみで…WATTAメイクも良かった〜!

M:あ〜!あれ、自分の知り合いのHIROさんっていうメイクアップアーティストの方に依頼したら「やりたいやりたい!」って言ってくれて…

Pokke104さん:あのコーナー毎回楽しみです!

M:そうなんですか〜!一応あれは、フェスとかパーティー向けの派手めな感じで普段はできないんですけど、今度はナチュラルに普段でも使えるような色を入れたりとかっていう感じで話はしてます!

Pokke104さん:勉強になります。笑

パーティーとかでも楽しいですよね。私、シルクドソレイユが大好きで、ああいうメイクとかもアートよりじゃないですか。なんかね、見るだけでも元気出ますもんね!

M:なんかキラキラしてますもんね!普段自分たちができないメイクだからこそ、見ててワクワクしますよね!

オキナワッタのコンテンツで紹介した「WATTAメイク」。

Pokke104さん:最近のマイブームで、姪っ子と一緒にメイクやるんですよ!家でね!(笑)

今度姪っ子にWATTAメイク見せながら、姪っ子にやってもらおうかな〜って思って笑

この前やってもらってもうすごいことになってたんですけどね(笑)そんな感じで遊んでます!

M:楽しそうですね〜それ!

Pokke104さん:写真アップしようかなと思ったんですけど、これかなり勇気がいるなと思って…。笑

M:また次やる機会あれば載せてください〜!楽しみにしてます!

逆にポッケさんがWATTAをイメージしてやるメイクとかも見てみたいです!

Pokke104さん:え、そうですね〜!それもやってみます!それ楽しいですね!

女性に限らずなんですけど、こういう楽しみって今の時代だからこそ楽しめるというか、SNSでこうみんなで面白いものを共有したりとか…今は男性もメイクしてるからね!共通話題が増えて…

M:そのヒロさんも性別は男性の方なんですけど、メイクが好きで、人にメイクするのも好きで、自分の手でどれだけこの人を可愛くできるかみたいなのが試せて楽しいって言ってました!

Pokke104さん:え!やってほしい〜!

M:なんか最近はメイク講座とかもやる〜みたいな話もしてて…

Pokke104さん:え、受けたーい!

M:北谷にあるデポアイランドの中にあるティーポーズアートギャラリー?ていうギャラリーがあるんですよ!そこのオーナーさんをやってて…

Pokke104さん:え!行きたい!ありがとうございます、情報!いくいく!

ま:沖縄にくる時あればぜひ!

なんかいいですよね〜!お家に花を飾るみたいな感覚でアートを日常に手軽に取り入れる、みたいな感覚を広げたいみたいで、今までアートに触れたことのない人もここでパッとアートに触れるきっかけを作りたいってことで北谷に作ったらしいです!

Pokke104さん:そうなんですね〜!このWATTAから広がるご縁って素敵ですねー!

私もヒロさんのこと知れて、早速フォローして見てます(笑)

M:ほんとですね〜!私もWATTAを通してポッケさんと繋がれたので、すごい感謝してます(笑)

いま出てるWATTAの中で、1番お気に入りの味とかありますか?

Pokke104さん:ライチ味以外にですか?(笑)それだと、ハイビスカス&シトラスかな?あれ美味しかったですね〜!程よい甘さだったし…

あ!あと、ブルーシールのWATTAに、アイス乗せてたやつ、真似しました!(笑)

東京なんだけど、私の家の近くで、わしたショップじゃないのに、WATTAが売ってたんですよ!それで、WATTAブルーウェーブ味に、ブルーシールのアイス乗せたり色んな種類試したりして、自分なりにフルーツ入れたりして楽しみ方を探してました!

M:へ〜!そうだったんですね!オキナワッタでも、WATTAアレンジで、アレンジした飲み方とか紹介してはいるんですけど、ポッケさんも、また面白い飲み方とか見つけたら教えてください〜!

自分で割れる「シークヮーサーサワー」と「パッションフルーツサワー」も出てるんですけど、これも結構自分の好みの濃さで割ったり、色々アレンジして楽しんでくれている方も多いみたいです!

Pokke104さん:無限の楽しみ方がありますよね〜!毎回出るの楽しみです(笑)

WATTAのInstagramで、開発秘話みたいなのを紹介していたコンテンツ、とっても好きでした〜!こんな苦労の中で出来上がっているんだ〜っていうのが知れて面白かったです。


沖縄から東京、そして海外へ、現在も活躍の幅を広げるなか、自分のルーツを大切にしながら、たくさんの人々に絵を通してメッセージを伝え続けるPokke104(池城由紀乃)さん!

今回は、最近のアート活動について、これからやっていきたい事について、また、パッケージデザインを担当した「ちゅらWATTA」のデザインについてなど、色んなお話を聞かせていただきました!

ちゅらWATTAのデザインを担当される前にも、以前オリオンビールのドラフト限定デザイン缶も描かれたことがあったPokke104さん。実はその時に、オリオンビールのパッケージデザインをしたい!という夢が叶ったんだとか…!オリオン愛、そして沖縄愛が伝わって、素敵なご縁が繋がったことにも驚きでした!

さて、3記事に渡ってお届けするPokke104さんのインタビュー中編はここまで! 後半の記事もお楽しみに♪

WATTAにまつわるストーリーや、沖縄の魅力など、たのしいトピックを紹介するインスタグラムメディア 『#オキナワッタ』 も要チェックです!