沖縄県民のソウルフード「沖縄そば」を深掘り!

沖縄そばは沖縄を代表するローカルグルメ

10月17日は「沖縄そばの日」。例年、沖縄県内各地でイベントや販売会などが催されているので、何となく知っているという人もいるかもしれませんね。

今回は、沖縄県民(ウチナーンチュ)が愛してやまない沖縄そばについて、その歴史や定義など、知っていそうで知らない情報を深掘りしてみました。

10月17日が「沖縄そばの日」になった理由とは?

店には沖縄そばを求めて多くの買い物客が訪れる/撮影協力:株式会社サンエー

10月17日は「沖縄そばの日」。では、なぜこの日が「沖縄そばの日」となったのか…それには、沖縄の戦後の歴史が関係しています。

時はさかのぼり、沖縄県が日本本土に復帰した後の1976年。沖縄製麺協同組合に日本の公正取引委員会からある通達が入ります。

「“沖縄そば”はそば粉を使っていないため、そばと表示してはならない」

沖縄が日本になった途端、沖縄そばが沖縄そばではなくなるという矛盾。沖縄独自の食文化そのものを変えてしまうような重い通達でした。

これに対して立ち上がったのが、沖縄製麺協同組合の土肥健一理事長をはじめとした沖縄そばを愛する人たち。「沖縄独自の食文化を変えてはいけない」という思いのもと、「沖縄そば」の名称を認めてもらうよう活動を続け、通達から2年後の1978年10月17日に、公正取引委員会から正式に「沖縄そば」の呼称認定を受けるに至ります。

そんな背景があり、彼らの努力に敬意を表して、10月17日は「沖縄そばの日」とされることになりました。彼らの尽力がなければ、今の沖縄に「沖縄そば」という食べ物は存在しなかったかもしれません。彼らの情熱と行動力に感謝を捧げましょう!

さて、そんな沖縄そばですが「その定義は?」と質問されると、答えるのはちょっと難しい…かもしれません。正しく説明できる人は沖縄県民でも多くないと思います。 2013年に地域食品ブランドの表示基準である「本場の本物」として沖縄そばは麺類として全国初の正式認定を受けますが、そこに12の定義が記されています。どれか一つでも欠けていると、沖縄そばとは呼べないのだそうです。

~沖縄そばの定義~
① 沖縄県内で製造されたもの
② 手打ち式(風)のもの
③ 原料小麦粉(タンパク質11%以上、灰分0.42%以下のもの)
④ 加水量(小麦粉重量に対し34~36%以下)
⑤ かんすい(ボーメ2~4度)
⑥ 食塩(ボーメ5~10度)
⑦ 熟成時間(30分以内)
⑧ めん線(麺の厚さ1.5~1.7mm)切刃番手(薄刃の10~12番)
⑨ 手もみ(裁断されためん線は、ゆでる前に必ず手もみ工程を行う)
⑩ ゆで水のpH8~9
⑪ ゆで時間(約2分以内で十分可食状態であること)
⑫ 仕上げ(油処理してあること)

1日当たり消費量15万~20万食! スーパーにも沖縄そばがズラリ

スーパーの棚にはさまざまなメーカーの袋麺が並んでいる/撮影協力:株式会社サンエー

沖縄県民は沖縄そばが大好き。なんと、1日当たりの消費量は15〜20万食にものぼるというからすごい! 給食でも沖縄そばが出るほど沖縄ではポピュラーな食べ物なのです。

各地域には沖縄そば店も多数あり、ランチは毎日沖縄そばだという「そばじょーぐー」(沖縄そばが好きな人)も。どこそこにおいしい店があると聞きつけては、休日に車を飛ばして食べに行くという人も少なくありません。

「どこかおすすめの沖縄そば店ない?」

そう沖縄県民に聞けば、必ず一つや2つはお気に入りの店の名前が挙がるもの。それだけで、かなり会話も弾みます。

外はもちろん、家でもたびたび沖縄そばを食べるので、袋麺も多数販売されています。スーパーマーケットの沖縄そばのコーナーへ行くと、ズラリと各メーカーの商品が並んでいるので、県外の人は沖縄に来たらぜひ見に行ってください。どれだけ沖縄県民が沖縄そばを食べているか一目瞭然!  スーパーマーケット以外にも地域の製麺所をひいきにしているという家庭もあり、那覇市内・北部・中南部・離島と、それぞれの地域でメジャーな麺というものもあって、おもしろい。沖縄そばは、地域とかなり密着したご当地グルメでもあるのです。

沖縄そばとソーキそばの違いとは?

観光客からよく「ソーキそば食べたい!」ということを聞きます。沖縄そばとソーキそばは同列に並ぶものではなく、沖縄そばの一つの種類が「ソーキそば」です。その違いは具材。簡単にいうと、沖縄そばには豚の三枚肉がのっていて、ソーキそばには豚のスペアリブ(ソーキ)がのっています。

一般的に「沖縄そば」をオーダーすると三枚肉と沖縄かまぼこ、ショウガ、島ネギなどがのったものが出てきます。ソーキそばだと、この三枚肉がソーキに変わります。どちらの肉も泡盛や黒糖などで甘辛く味付けしていておいしいのですが、骨が付いている分ソーキの方がスープにダシがしみだしていて好き、という人も。

スペアリブがのったソーキそば。沖縄本島の北部でより好まれる

諸説ありますが、ソーキそばが登場したのは、沖縄が日本本土に復帰した1970年代といわれています。沖縄そばにソーキをのせるというのが当時は画期的だったそうで、これ以降、てびち(豚足)や豆腐などさまざまな具材をのせたり、ヨモギなど麺にいろいろな素材を練り込んだりとアイデアメニューが続々登場。沖縄そばのバリエーションが広がるきっかけになったともいわれています。

宮古・八重山など、地域によって異なる沖縄そば

具材が短冊切りになっている八重山そば

沖縄そばは地域によってそれぞれ特徴があります。ベーシックな沖縄そばは、小麦粉100%の麺にカツオや豚などからとるダシを使ったスープ。具材は三枚肉、ショウガ、沖縄カマボコ、島ネギというものですが、各地域でそのベーシックスタイルも変わってきます。

沖縄本島北部

幅の広い平麺(地域によっては太縮れ平麺)にカツオダシをしっかり利かせた濃い味のスープが主流。具材はソーキが好まれています。

沖縄本島中南部

麺は3~4mm幅の中太縮れ麺でうどんのような形状。これに、カツオや豚肉のダシから作る澄んだスープを組み合わせます。

那覇

ストレートでコシのある細丸麺や細平麺にカツオや豚肉のだしで作る澄んだスープ。北部や中南部よりさらにあっさりした味わいで、王道の沖縄そばが主流です。

八重山諸島

八重山そばが主流。那覇と比べてさらに細い丸麺に、ほんのり甘みを感じるスープを組み合わせます。具材が短冊切りになっているのが大きな特徴で、ピパーツという島の香辛料を加えて食べます。

宮古島

宮古そばが主流。ストレートの細麺にあっさり味のスープの組み合わせ。具材を麺の下に隠すのが特徴ですが、最近は麺の上に具材をのせる店も増えています。

沖縄だから生まれたコンビニ麺とアレンジ麺

沖縄ではコンビニエンスストアでも沖縄そばを販売しています。その名も「おでん 沖縄そば」。麺が入ったカップにおでんのダシを注いでくれるので、熱々の沖縄そばが食べられます。おでんの具材からとろとろ軟骨ソーキをプラスすれば、ソーキそばにもなります。お手頃サイズで価格も安いので、お弁当などにプラスして食べています。本土でいう味噌汁のような感覚ですね。

牛丼でおなじみ𠮷野家も、沖縄の店舗では沖縄そばを販売しています。価格もお手頃で、甘みのあるスープが美味。牛丼にも汁物として沖縄そばを組み合わせるのが沖縄スタイル!

沖縄そばとサバ缶だけでも十分においしい「からそば」/画像提供:株式会社 宝幸

さらに派生して、沖縄ならではのアレンジもさまざま。中でも最近話題になったのが、石垣島の「からそば」。ビニール袋に八重山そばの袋麺(ゆでてあるもの)をあけ、そこにサバ缶やツナ缶、ポークランションミートなどを入れて、麺になじませるように袋ごと揉んででき上がり。そのままお皿に出して食べられるので、簡単かつお酒のアテにもおいしいですよ。島の男飯、ぜひご家庭でも試してみてくださいね。

いかがでしたか? 沖縄そばはおいしいだけではなく、掘れば掘るほどおもしろい情報が出てきます。インターネットなどで取り寄せもできますので、お気に入りの沖縄そば店を思い出しながら味わってみてください。


オリオンビール公式通販で、ご自宅でも沖縄気分をお楽しみください。

ご家庭でも沖縄気分を味わいませんか? オリオンビール公式通販なら、沖縄県外では手に入りにくいオリオンビール商品やオリジナルグッズ、沖縄県産品を取り扱っています。8,000円以上の購入で全国どこでも送料無料。