「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」総支配人に聞く、サービスへのこだわりと今後の展望

2014年7月に開業した「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」。開業当初から総支配人を務める今村忍さんに、開業当初の想いと今後の展望を伺いました。

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ
〒905‐0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬148番地1
→ホテルの詳細や宿泊予約は公式サイトから

ー早速ですが、オリオン モトブ リゾート&スパの開業の経緯を教えてください。

今村さん「もともと本部町は美ら海水族館という人気観光地があるため日帰りのお客さんが多い土地でした。日帰りだけでなく、ご宿泊いただける機会を増やすことで、本部町そして沖縄本島北部エリア全体の活性化に貢献していきたいという想いをもってホテルを開業しました。観光客の皆さまに滞在いただくだけでなく、地元の食材を活用した地産地消の取り組みや地元での雇用の拡大など、本部町の経済や県観光の振興につなげていけるのではないかという試みですね。」

ー総支配人から見たホテルの魅力を教えてください。

「何といってもこの好立地ですね。開業準備から携わっている私自身、今でもこの景色に感動しています。この土地の魅力を最大限に生かすため、『五感に寄り添う、空間づくり』を方針に掲げています。沖縄の自然や美しさ、力強さ、誇るべき文化と歴史、自然と共に生きる知恵を追求していきたいという想いから、上質な中にも華美なつくりを目指さないという方針で運営を行ってきました」

ー『五感に寄り添う、空間づくり』のために今意識して行っていることはありますか?

総支配人「身だしなみ・笑顔・挨拶など、ついついおざなりにされやすいことほど、強く意識していくように心がけています。これだけ素晴らしい建物があったとしても、やはりホテルの魅力をつくっていくのはスタッフだと考えているためです。外部講師なども招いて、スタッフの接客レベル向上には常に真剣に取り組んでいます。」

ーサービス最優秀旅館・ホテルに選ばれたということで、これまでの取り組みがお客様からも評価されているように思います。今後の展望や目標はありますか?

総支配人「今年、JTBのお客様アンケートに基づいて選考されるサービス最優秀旅館・ホテルで全国1位に選んでいただきました。私たちのこれまでの取り組みがお客様に評価いただけたことを非常に嬉しく感じています。一度最優秀に選ばれると2年間は選考の対象外になるのですが、3年後にもまたこの賞をもらえるよう、ホスピタリティ向上に務めることが現在の目標です。並大抵のことではありませんが、やはり最高レベルを目指し続けるホテルでありたいと思っています。」

ーありがとうございました!

インタビューを通じて、素晴らしい景観と好立地に甘んじることなく、スタッフの皆さんが一丸となってホスピタリティを高めていくことに徹底的にこだわり続けてきた様子が伝わってきました。

沖縄に訪れる際には「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」で沖縄の魅力に触れてくださいね。


前編はこちら「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」圧巻の景色と充実したサービスに癒されるホテルステイ