ひと足早く沖縄に春を告げる「カンヒザクラ(寒緋桜)」

濃厚なピンク色が特徴の沖縄の桜「カンヒザクラ」/©OCVB

沖縄のお花見は1月に行われます。

そして、沖縄の“桜前線”は南に向かいます。

そんな不思議な沖縄の桜は、ソメイヨシノのようなピンク色の花が咲き、桜の花びらがヒラヒラと舞う…ということはなく、そもそも種類が違います。

沖縄の桜は、台湾や中国南部が原産のカンヒザクラ(寒緋桜)と呼ばれる種類。ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれることもあり、花は直径1.3cmくらいの楕円形で、濃厚なピンク色が特徴です。

このカンヒザクラは、沖縄では毎年1月末から2月に開花し、それに合わせて各地で「桜まつり」が開催されます。

沖縄イチ早い桜まつりが行われる「八重岳」

沖縄の中でも、一番早く開花するのは、453mという沖縄本島で2番目に高い標高を誇り、本部町と名護市にかかって連なる八重岳です。この標高差があるため、桜を長く楽しめるエリアとして、県民や観光客に人気のスポットとなっています。

もとぶ八重岳桜まつり/©OCVB

頂上に続く道沿いに約7,000本のカンヒザクラが植えられて、いわゆる本州の花見のように“ゴザを敷いて”というよりは、ドライブをしながらの花見。それも沖縄らしい花見と言えるかもしれません。毎年1月中旬から2月頭にかけて、「八重岳桜の森公園」にて「もとぶ八重岳桜まつり」が開催されます。

幻想的なカンヒザクラのライトアップ

また、名護市にはもう1つ、桜の名所があります。そこは、「桜の名所100選」や「万本桜の名所」にも数えられる「名護中央公園」。約2kmの遊歩道にカンヒザクラが並び、エメラルドグリーンに輝く東シナ海と鮮やかなピンク色の花びらとのコントラストが楽しめるほか、日没後に広がる夜景は必見です。

毎年1月末に行われる「名護さくら祭り」ではライトアップも行われ、まさしく幻想的な美しさ。仮装行列や路上ライブなどさまざまなイベントも行われ、多くの人で賑わいます。

そして、世界遺産「今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)」も桜の名所として人気です。毎年1月中旬から2月初めにかけてカンヒザクラが咲き誇ります。

「今帰仁グスク桜まつり」のライトアップ/©OCVB

今帰仁城では2月上旬に「今帰仁グスク桜まつり」が行われ、こちらは桜とともに城もライトアップされ、桜と城以外が見えない世界に身を置くと、琉球王国から脈々と続く悠久の時の流れを感じることができます。

“南下”する!沖縄の桜前線

その後、沖縄の“カンヒザクラ前線”は南に下がっていき、南部でもサクラが色付き始めます。八重瀬町(やえせちょう)の八重瀬城跡にある「八重瀬公園」は、カンヒザクラの開花に合わせて、1月末から2月中旬にかけて、提灯の灯りでライトアップされます。期間中に行われる「やえせ桜まつり」では、さまざまな催し物が行われます。

南部イチの桜スポット「与儀公園」

そして、南部の桜スポットとして名高い与儀公園でも、2月中旬から下旬にかけて、約400本のカンヒザクラが咲き、「なはさくらまつり」が開催されます。

ガーブ川沿いのカンヒザクラは見事!/©OCVB

園内を横切るガーブ川沿いの桜並木が満開になった風景は、まさしく溜息が出るような美しさ。まつり期間中には、花木や植木などの展示即売会が行われ、特設ステージでのフラダンス、民謡ショーなどが行われ、多くの人が訪れます。

19年の歴史で初のプレミアムな「いちばん桜」

桜の花びらを使って色付けした「いちばん桜PREMIUM」

オリオンビールでは、2002年から、沖縄県民にとっての桜「カンヒザクラ」をモチーフにした麦芽100%の「いちばん桜」を発売しています。

今年、2020年の「いちばん桜」は、コンセプトを維持しながらもプレミアム感を出すために、19年の歴史の中で初めて桜の花びらを原料に使用し、「いちばん桜PREMIUM」として生まれ変わりました。

ほんのり赤い液色と華やかな香りを再現した、ひと足早く春の訪れを感じられる季節限定ビールで、カンヒザクラのシーズンを楽しみましょう。


季節の限定醸造「いちばん桜PREMIUM」はオリオンビール公式通販でご購入できます

>>「いちばん桜PREMIUM」の商品ページはこちら