「エイサー」の太鼓の音は沖縄県民の原動力【沖縄のお祭り】

夏の夜、太鼓の音がどこからともなく聞こえてくると、沖縄県民は“ちむどんどん(沖縄の言葉で「心が高鳴る様子」の意味)”します。

沖縄のお祭りの代名詞的なエイサー。本州で言うところの“盆踊り”のようなもので、旧暦のお盆にあたる7月15日の「ウークイ(精霊送り)」の日に行われます。

7月15日の夜、ウークイが終わった頃に、神を招いて祭祀を行う場所・神アシャギに集まり、円陣舞踊を奉納後、村の各戸を訪問。村の重要な宗教行事なのです。

みちじゅねーの様子/所蔵:エイサー会館

このエイサー、ひと言では言い表せないほど多種多様で、踊り手は主に各地域の若者(青年)たち。冒頭に“夏の夜〜”と書いたのは、彼らがそれぞれ学業や仕事の後に集まり、旧盆の本番を目指して練習を重ねていくからです。

そして、現在ほとんどの青年会が、大太鼓、締め太鼓を中心とした「太鼓エイサー」で、沖縄市のある中部エリアが最も盛んな地域と言われています。

みちじゅねーの様子/所蔵:エイサー会館

中部エリアの中でも旧与那城町(よなしろちょう)、旧勝連町(かつれんちょう)で見られるエイサーは「パーランクー」という片張りの太鼓を用いたエイサーがほとんどで、締め太鼓とは違った雰囲気を醸し出します。

みちじゅねーの様子/所蔵:エイサー会館

2007年、沖縄市は、エイサー文化の継承・発展、青少年の健全育成などを推し進める「エイサーのまち」を宣言。その拠点として、2018年に「エイサー会館」をオープンしました。

キャラクターのエイ坊が目印/所蔵:エイサー会館

同会館の職員・眞榮平剛士(まえひら・たけし)さんにお話を聞くと、「大型スクリーンやVRでの臨場感あふれるエイサーを体感することができます。また、映像を見ながらエイサーを踊り、リズムや体の動きを判定してくれる最新技術を活用した展示や、エイサー衣装を着て写真が撮れるスポット(現在コロナで休止中)が人気です。ほかにも、スタッフ指導によるエイサー体験や三線体験、沖縄市エイサーキャラクターがデザインされたオリジナル紅型色付け体験など、エイサーを通した沖縄文化の体験ができます」とエイサー会館の魅力を語ってくれました。

VRで迫力のエイサー映像が体験できます/所蔵:エイサー会館
エイサーの衣装や映像も/所蔵:エイサー会館

沖縄市のエイサーの魅力や歴史など情報満載の有料パンフレットやエイサーカレンダー、エイサーキャラクター缶バッチなどオリジナルグッズも満載です。

映像を見ながらエイサーを踊ってみよう/所蔵:エイサー会館
エイサーのオリジナルグッズも販売しています/所蔵:エイサー会館

さらに、沖縄市はエイサーの代表的な大会「沖縄全島エイサーまつり」の開催地としても有名です。1956年のコザ市誕生を機に「全島エイサーコンクール」としてスタートし、今では沖縄の夏の風物詩として日本を代表するお祭りの1つになりました。

沖縄全島エイサーまつり/所蔵:沖縄全島エイサーまつり実行委員会

まつりは3日間にわたり、初日には、国道330号線のコザ・ゲート通りにおいて「みちじゅねー」が行われ、中日が沖縄市青年団協議会の「沖縄市青年まつり」、日曜日が「本祭」として、全島から集められた青年会によるエイサー大会が沖縄市コザ運動公園で開催されます。

沖縄全島エイサーまつり/所蔵:沖縄全島エイサーまつり実行委員会

沖縄全島エイサーまつり事務局の島袋林大(しまぶくろ・きはる)さんは、「さまざまなエイサーが一堂に会して披露されることが一番の魅力で、その一つひとつの団体の特徴あるエイサーが、まつりの見どころです」とコメント。

沖縄全島エイサーまつり/所蔵:沖縄全島エイサーまつり実行委員会

また、「同時開催の『オリオンビアフェスト』も人気があり、まつりに来場した多くの方が、オリオンビールのオリジナルTシャツを着て、まつりを楽しんでいます。ほかのエイサーまつりでは見られない光景です」と魅力を語っていただきました。

このたび発売された「サザンスターお祭りデザイン缶」の“エイサー缶”のカラーは「赤<サザンスター 熟コクの赤>」。沖縄県民の気持ちを揺さぶるエイサーには、やっぱり赤が似合いますね。

今年はこの「サザンスターお祭りデザイン缶」を飲んで思いを馳せながら、来年こそは本場のエイサーの醍醐味を生で思う存分味わいましょう!

沖縄全島エイサーまつり/所蔵:沖縄全島エイサーまつり実行委員会

【沖縄各地の主なエイサー大会】
・沖縄全島エイサーまつり(沖縄市)
・沖縄青年ふるさとエイサー祭り(北谷町)
・北中城村青年エイサーまつり(北中城村)
・宜野湾市青年エイサー祭り(宜野湾市)
・青年芸能フェスタ in南城(南城市)
・うるま市エイサーまつり(うるま市)
・名護市青年エイサー祭り(名護市)
・沖縄こどもの国エイサー夏まつり(沖縄市)
・エイサーフェスティバルIN北谷(北谷町)
・久米島旧盆エイサー(久米島)
・読谷村青年エイサーまつり(読谷村)
・西銘全島角力大会・西銘エイサー(久米島)
・一万人のエイサー踊り隊 伝統VS創作(那覇市)
・金武町青年エイサーまつり(金武町)
・エイサーナイト2020(沖縄市)
・全沖縄子どもエイサーまつり(豊見城市)
・八重瀬町青年エイサー祭り(八重瀬町)
・平敷屋エイサーの夕べ(うるま市)
・旧盆エイサー盆踊りの夕べ(糸満市)
・糸満市西崎青年会旧盆島廻(糸満市)
・伊江村青年会旧盆巡回エイサー(伊江島)
・いひちゃー青年エイサーまつり(うるま市)

参考文献:沖縄大百科事典(沖縄タイムス社)

・エイサー会館の詳細は公式サイト

・沖縄全島エイサーまつりは公式サイト


オリオンビールの取り組み

サザンスターの「沖縄のお祭りデザイン缶」缶体に記載されている二次元バーコードより、各イベントに関する動画を配信しています。本年は、新型コロナウイルス感染拡大により様々なイベントが自粛・休止となりました。沖縄のお祭りの再開を皆様とともに願い、乾杯できる日を心待ちにしております。

オリオンビール公式通販でお買い求めいただけます。

サザンスターブランド「サザンスター超スッキリの青」「サザンスター熟コクの赤」「サザンスター刺激の黒」「サザンスター芳醇の金」のイメージに合わせて、ハーリーをはじめエイサー、綱引き・旗頭をモチーフとしたデザインをそれぞれ描いており、お手軽に各デザインを手に入れて頂けるよう、4種の詰合せセットを数量限定でご用意しました。

オリオンビール公式通販はこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: southern_fes01_800x.jpg
サザンスターお祭りデザイン缶詰合せセット(サザンスター350ml4種×各3缶)