オリオングループ
ヘルスイニシアチブ〜健康経営宣言〜

オリオングループでは、健康経営プロジェクトチームを発足し、従業員の健康維持・増進を目的として様々な健康経営施策を実施しております。
全ての従業員が、オリオングループにとって最も重要な資産のひとつであり、従業員一人ひとりとそのご家族・パートナーの健康こそが会社そしてグループ全体としてのパフォーマンスアップに繋がるものと考え、当社の“ORION WAY”にも掲げておりますように、全ての従業員が心身ともに健やかで安心な生活を送れるようサポートを尽くしてまいります。
法律で定められた最低限の健康管理ではなく、会社の現状や社会情勢を理解し、必要に応じた積極的な健康増進活動を行ってまいります。
昨今では、新型コロナウイルス感染症が蔓延するなど取り巻く情勢は絶えず変化しておりますが、状況に応じ迅速に健康課題を把握し、従業員の健康を守り、働きやすく働きがいのある職場環境の実現のため活動してまいります。

[写真] 執行役員 人事総務本部長 矢沼 恵一

Chief Health Officer 執行役員 人事総務本部長 矢沼 恵一

活動概要

オリオングループの健康経営活動は、オリオンビール㈱執行役員人事総務本部長をCHO(Chief Health Officer)とした健康経営プロジェクトチームが主軸となり、産業医・保健師・安全衛生委員会と協働しながら、“ORION WAY”に沿い、従業員の健康維持・増進を図る取り組みを実施しています。

主な取り組み

従業員参加型の健康イベント開催

  • オリオングループウォーキングコンテスト
    COVID19対策として、スマホウォーキングアプリを活用した長期的な開催。
    ウォーキングシューズやスニーカーでの就業を推奨。
  • 従業員向け健康セミナー開催
    Zoomミーティング等を活用したウェビナー開催。
  • 保健師との1on1健康対談

従業員の健康意識向上を目的とした情報発信

  • 社内報における健康連載
    健康経営宣言や保健師との健康対談記事等。
  • 社内健康ブログの発信
    健康管理アプリ紹介、在宅勤務時の健康課題等。

新型コロナウイルス感染症対策