ニュースリリース
x

2020年1月24日
オリオンビール株式会社

オリオンビール社による名護市の桜再生支援について

オリオンビール株式会社では、社会貢献の一環として、沖縄県名護市で桜の普及・啓蒙活動を行う「名護さくらの会」を通じ、弊社初のプレミアムクラフトビール「75BEER」の売り上げの一部を名護市のカンヒザクラの再生活動のための寄付をすることとなり、寄付金目録贈呈式を行いました。

 1928年から植樹が始まった名護市の名護城公園周辺のカンヒザクラは老木化し、腐食や台風による倒木などの被害が目立っており、名護市の市民団体「名護さくらの会」をはじめとする団体では保全や植え替えの活動をしています。

オリオンビール発祥の地であり、弊社のビール工場を持つ名護市でオリオンビールは、商品を通じた地域貢献として、街と協業した取り組みを行ってきました。

2018年、名護十字路商店連合会とともに商店街を活性化させるために作り上げた「75-beer」はデザインを刷新し新たに缶容器も取り揃え、2019年12月オリオンビール初のプレミアムクラフトビール「75BEER」として全県販売後、当初の想定を大きく上回る好評をいただいております。

 これからも地域と密着した商品として「75BEER」ができる社会貢献を実施してまいります。

75BEER寄付金目録贈呈式

贈呈式開催概要

日時 2020年1月24日(金) 15:00~15:30
場所 名護市産業支援センター2F会議室
(名護市大中1丁目19-24)
贈呈者 オリオンビール株式会社 代表取締役社長 早瀬 京鋳(はやせ けいじゅ)
受領者 名護市長 渡具知 武豊 様
名護・さくらの会 儀保 充 様
寄付予定 2019年12月から2020年11月までの「75BEER」の沖縄県内発売分から缶・瓶は1本1円、樽は1本30円を寄付予定。

お問合せ先

オリオンビール株式会社 広報室 TEL:098-970-6496