メニューを開く
平成31年度オリオンビール採用情報 エントリー終了
採用トップ 募集要項 先輩からのメッセージ 企業説明会開催日程
加藤 雅也

工場 パッケージング課 BK列 樽

加藤 雅也

千葉工業大学大学院 工学研究科 生命環境科学専攻 卒業
平成29年入社

Q1.現在の仕事内容及び、仕事でのやりがいを教えてください。

加藤 雅也 醸造したビールを缶・壜・樽へ詰めることがパッケージング課の仕事です。その中で私は樽詰を担当しています。製品の最終段階であるパッケージングではビールの品質を管理し、印字や胴巻きラベルなどビールの必要な情報を表示させます。製品の管理はもちろんのこと、樽詰機や検査機のメンテナンス・製品の検査法の改善に取り組み、よりおいしいビールをお客様へ届けるよう日々努力をしています。

製品を管理する上で、詰め工程におけるビールの状態、機械の仕組みなどを知り、学ぶことが現在のやりがいです。他にも、樽は通常ステンレス製のものを使用していますが、海外へ輸出する際のコスト削減を見据えて、ペットボトルの樽の検討や詰め試験など新たなことに挑戦することにやりがいを感じます。

Q2.オリオンビールを選んだ理由を教えてください。

ビールを造りたいという思いと、より地域に密着したビール製造業に携わりたいという思いから弊社を志願しました。新鮮でおいしいビールを地元の多くの人に飲んでもらえるビールという視点で考えた結果、「地域社会への貢献」という理念をもつオリオンビールがベストと考え、試験を受けました。

Q3.就職活動で工夫したことは何でしょうか。

加藤 雅也就職活動をするにあたって、仕事というものに対する自分の希望条件をよく考え、受ける企業を絞りました。エントリーする企業を絞り込むことにより、時間を有効に使うことが出来ました。履歴書や面接対策については周囲の方々(私の場合は研究室の方々)に相談し、多くの意見を頂きました。そのおかげで緊張はしたものの、自信をもって入社試験に望めたと思います。

Q4.今後の抱負を教えてください。

現在は、現場にて学ぶことに精一杯ですが、学んだことを応用し、工場のコスト削減や安定稼動に貢献することです。そのためには海外研修制度や飲料業界の展示店などに積極的に参加し、そこで吸収した知識や経験を活かし、よりおいしいビール造りに活かしていくことが目標です。

Q5.就活中の学生の皆さんへ一言お願いします。

就活は仕事ということを真剣に考える一つの機会だと思います。周囲の意見は参考にしつつ、自分が何を望むのかを具体的にし、悔いの残らない就活ができるよう頑張ってください。

加藤 雅也さんの一日のスケジュール

8:00 前日製造の引継ぎ・製造準備・職場朝礼。
9:00 製造開始。
9:00 営業部門 朝礼。
10:00 製造本数毎のチェック・業者へのメールの返信や日報の打ち込み。
11:00 トラブル対応や現場調査
12:00 時差出勤者との引継ぎ後、昼休み。
13:00 製造品種による型替えや液種替え。
14:00 担当プロジェクトの資料・稟議書の作成。
15:00 関連業者とのやり取りや会議。
16:00 製造日報の確認。
16:30 退社。

次のメッセージを読む 先輩からのメッセージ一覧に戻る