開発・製造ストーリー

R&D部 ビール商品開発部/ 大城 敬一郎 プロジェクトのリーダーとして
製品の企画・開発・試作・テストなどを担う。
生産本部 製造部 製造企画/ 照屋 拓人 原料の調達から製造、出荷までの
スケジュール管理まで幅広く担当。製造に関する全体を管理。

OKINAWA’S
CRAFT

大城さん 大城さん

オリオンビールにしかできない

(大城)リニューアルの方針として最初にあったのは、ドラフトならではの「飲みやすさは変えない」ということでした。60年間、県民の嗜好に合わせて造り続けられてきたドラフトなので、そこは守り抜こうと。その飲みやすさも、”沖縄らしいビール”のあり方だと確信していたからです。
そのうえで今回は、ビールらしい味わいをより高めるために、オリオンでしか使用できない伊江島産の大麦を使用し、人の手と時間をかけて丁寧に造りあげた結果、「OKINAWA’s CRAFT」といえる独自性のある味わいが出来上がりました。

照屋さん 照屋さん

造り手の意識も大きく変えた

(照屋)これまで、弊社におけるビールの原料といえば、海外や県外産が主でした。そのなかで、”沖縄らしいビール”をこころざし、伊江島産の大麦を使ってザ・ドラフトへとリニューアルできたことは、すごくチャレンジングなことだと思います。
今までにも県産の果実などを使うアイディアはありましたが、大麦をはじめとする穀物などは、外から買うのがあたりまえだと思っていただけに、僕自身も原料に対する意識が大きく変わりました。

僕ら造る者にとっても、ザ・ドラフトの開発は、「沖縄」の魅力と可能性の再発見となっています。

また、原料を調達する役目から、伊江島の農家さんとお話する機会も多く、大麦のことをはじめ原料を作る現場の声や思い、苦労などにも触れ、いろんなことを学ばせていただきました。ザ・ドラフトの製造のみならず、ビールづくりをするうえでも、大変良い経験になりました。

いろんな意味でエキサイティング

(照屋)実際に製造となるまでは、おもしろい取り組み、今までにない取り組みだとワクワク感もありましたが・・・・今回は、オリオンビールのフラッグシップビールでもあるドラフトのリニューアルというニュース性に加え、”伊江島産大麦を使用”という初の製法にも内外からの期待が高まり、重責を感じつつも発売日にちゃんと、店頭でお客様のもとに届けられたことがいちばんの達成感になっています。嬉しさよりも安堵感の方が大きかったですね(笑)。

照屋さん 照屋さん 照屋さん

伊江島産大麦

運命的な出会い

(大城)ザ・ドラフトの開発と誕生にあたり、いちばんに嬉しく思うのは、原料として沖縄の素材である伊江島産の大麦を使い、しっかりと成果を出せたことです。というのもザ・ドラフトは、私たちオリオンビールだけでなく農家さんの夢の始まりも叶えたビールなんです。

5年ほど前、弊社では「琉球クラフトシリーズ」として、伊江島の小麦を使った「琉球ホワイト」を製造しました。それが農家さんとのお付き合いの始まりです。そのとき農家さんが「いつか、伊江島産の原料だけでビールが作れるといいな」ってお話しをされ、今後は主原料となる大麦も作っていきたいと”思い”を語られたんです。正直、驚きました。長年ビールづくりに携わっている私たちでさえ思いつかない壮大な夢を温めていると。心を揺さぶられながらも、当初はまさに「夢」の話だと思っていました。

ところが昨年(2019年)、農家さんから「大麦の栽培に成功しました」との連絡が入ったんです。それもちょうど、ドラフトのリニューアル計画をすすめていたさなか。すぐに「これは使える!」と確証をもち、早速、開発へとつなげていきました。

もし5年前のあの日、農家さんの思いに触れることがなかったら。
あるいは、リニューアルのタイミングがズレていたら。
そう思うとザ・ドラフトの誕生には運命のようなものを感じます。

リニューアルの枠を超える

(大城)僕らは、麦芽になったものの良し悪しの評価はできますが、大麦自体の栽培に関する知識は少なく、果たして伊江島産大麦がビールの原料として実用できるのか、未知の課題に取り組むことから始まりました。

また、伊江島産の大麦は希少なので、その良さを最大限に引き立てながら、ビール本来の旨みも感じる事ができる原料割合などを探り、蓄積されてきた開発のタネをもとにして試験や調整を繰り返しました。貴重な伊江島の大麦をより良くいかす。農家さんの夢も叶える。その一心でした。

大城さん 大城さん 大城さん

循環型社会への貢献

(大城)ザ・ドラフトで使用する伊江島産の大麦は、ビールづくりで生じたビール粕を堆肥にして育まれています。おいしいビールの原料となった大麦は、役目を終えて伊江島の土へと還り、新たな大麦へと命をつなぎ、またビールの原料となっていきます。

この仕組も、農家さんとの対話の中から生まれました。

もともと伊江島の農家さんは、ビール粕を堆肥にしていたことを知り、ならばザ・ドラフトのビール粕も活かしていこう、ともに新しい資源循環のモデルをつくっていこうと意気投合したのです。農家さんにとっても、愛情をかけて育てた大麦をこういうかたちで再利用できるのは、とても喜ばしいことのようでした。今は始まったばかりで規模も決して大きくはありませんが、オリオンビールとしても、この仕組がしっかりと構築されれば、沖縄県内だけで農産から生産・商品までを一体して循環させる”環境にやさしいものづくり”ができるのではないか、ひいては沖縄全体のためにもなるのではないかという思いが高まり、ザ・ドラフトを通して「循環型社会への貢献を目指す」と発信しています。

また、こうしたことからもザ・ドラフトは、「真に沖縄らしいビール」と呼べるものになったと思います。

ぜひ飲んで、いろんな沖縄らしさを感じ、楽しんでください!

澄みと旨み

「二律背反」への挑戦

(大城)ザ・ドラフトの「澄み」は『澄み切った飲みやすさ』を表し、「旨み」は伊江島産大麦を使用したことによる『コク』のようなものを意味しているのですが、この2つはそもそも相反するものなんです。

すごくわかりやすく言うと、飲みやすさは「すっきり」。旨みやコクは「厚み・重み」です。

そんな矛盾するような2つの条件を前にして、どちらか一方ではなく、「両方ともちゃんと感じられる」「最上のバランス」を実現したい、いや実現するんだ!となったわけですから、開発部一丸となった新たな挑戦が始まりました。

いくつもの試作品を作っては官能評価を繰り返し、ディスカッションを重ねました。そのなかで、ビールづくりの経験から「長期熟成」の発想に至ったのです。ドラフトの製造に長期熟成を採用するのも初めてのことです。

大城さん 大城さん

エッジの効いた絶妙なメリハリ

(大城)ビールは熟成期間が長いほど、雑味のないすっきりした味わいになります。そこで経験豊富な醸造スタッフを交えて吟味し、ドラフトよりも1.2倍の長期熟成を決めました。
澄んでよりクリアになったぶん、大麦による旨みが引き立ち、味のピークが際立ちます。まさにエッジの効いた、絶妙なメリハリ。ザ・ドラフトが生まれた瞬間です。

しかも、澄みきったうまさの根本には、やんばるの森のきれいで美味しい水の輝きがあります。

ひと口飲んですぐにわかる、これまでのドラフトとの違い。けれどもドラフトならではの「飲みやすさ」というDNAはちゃんと受け継いでいる。

目指すバランスにたどり着いたときには、スタッフ全員が「これだな」と納得し、試作モデルの完成となりました。

(照屋)開発部から試作モデルを受けた製造部の第一印象は、「素晴らしい」のひと言でした。今回の開発が決して容易でないことは、僕らもよく知っています。だからこそ、この味をプラントでもしっかりと再現できるよう全力で取り組もう、開発部から受け継いだバトンを大切にしようと、試作時の4万倍もある実機にて、生産に向けての試験を繰り返しました。

通常は、温度調整、原料の量、麦芽を投入するタイミングなどはすべて数値化・自動化されていますが、今回は開発部が完成させた「あの味」を再現するために、現場のオペレーターが実測し、適確なポイントとタイミングを見極めながら、麦芽の投入から人の手で行いました。そういう意味では、まさにクラフト的です。

今回は、製造部としても初の試みが多く、難しさを感じることが多々ありました。ですが、その倍以上にやりがいを感じています。

今、ザ・ドラフトの”命”は、製造側に委ねられています。
いつ飲んでも美味しいよね、と言われる「品質維持」と、欲しい時にはいつもそこにある「安定供給」が僕らの新たなミッション。

製造部の全力投球はまだまだ続きます!

飲むときはキンキンに冷やして。

(照屋)ザ・ドラフトは、ドラフトらしい「飲みやすさ」、『澄み』に洗練をかけるために、長期熟成を行っています。そんな「澄み」のおいしさをいちばんに感じられるのが、0℃~4℃でしっかり冷やした状態。これは、開発部において、いろんな温度で飲み比べた調査結果でもあります。なので間違いありません!(笑)

キンキンに冷やすと、まず「澄み」がきて、やがてエッジの効いたコクのある「旨み」がしっかりと感じられます。

飲み飽きないメリハリのある、ザ・ドラフトの真骨頂を存分にお楽しみください。

照屋さん 照屋さん 大城さん 大城さん

オリオンビールの夢

ビールは楽しいもの、夢あるもの。原料100%沖縄産のビールも実現させたい。

(大城)僕はビールは楽しいお酒だと思っていて、世界中で楽しまれているビアスタイルの数だけお客様へ笑顔を提供していくことを開発の目標にしています。伊江島の農家さんや僕らが夢みる100%沖縄産原料のビールも、決して不可能ではない。今回の開発を未来のビールづくりにつないでいきたいと思います。

もっと沖縄らしさを追求していきたい。沖縄は素材の宝庫、可能性を感じる。

(照屋)ザ・ドラフトのように、うちの他のビールにも県産の素材を取り込んで「沖縄らしさ」を広げていきたいですね。世界的なビールづくりでも原料の多様性が、新たな潮流になっています。ここに来ないと飲めないビールなどを提案し、沖縄ならではの楽しみをもっと増やしたい。夢は尽きません。

これからも
沖縄と共に。