メニューを開く

ビール豆知識

ビールQ&A

Q1.「オリオン」の名前の由来は?

「オリオン」という名前は、昭和33年に、一般公募で決められました。「大衆に親しみやすく呼びやすい名称をと求む」と新聞に掲載したところ、約2,500通もの応募が寄せられ、その中から「オリオン」が選ばれました。

選考の理由は、オリオンが「南の星」であることと、当時の沖縄を統治していたアメリカ政府の司令官が「スリースター」を紋章にしていたことなどです。賞金は当時のB軍票の「1万円」で、現在の価値にすると40万円程度だったようです。

Q2.オリオンのロゴの由来は?

オリオンのロゴ1文字目の、「O」は「未完成の円」を示しています。オリオンビールは「常に未完成」で、永久に理想を追い求めるという意味が込められています。中央の「i」は人を表わしており、「i」の上の円は、オリオンビールが追求する「完全な円」と「沖縄の太陽」を示しています。

Q3.沖縄で初めてビールが飲まれたのはいつごろ?

沖縄にビールが初めて伝わったのは、明治の初期です。記録によると、明治8年1月に、ビール8ダース(96本)が、那覇港に輸入されたとあります。それ以外の資料は、戦時中に焼失してしまい、明らかではありません。

Q4.日本で初めてビールが飲まれたのはいつごろ?

日本で初めてにビールを飲んだのは、江戸幕府の遣米使節である「玉虫左太夫」という人物です。彼の手記によると、その味は、「苦味ナレド口ヲ湿スルに足ル」(苦味はあるが、喉を潤すには十分である)という印象だったようです。

Q5.世界でビールが飲み始められたのはいつごろ?

歴史イメージビールの始まりは、古代壁画などの記録から、「約5000年前」だと言われています。当時の人類は麦を主食にしており、麦を「パン」のようにして食べたり、「粥」のようにして食べたりしていたと考えられています。 粥の中に、人間の手などについていた「ビール酵母」が入ったことで「アルコール発酵」が偶然に起こり、それを保管したものが世界で初めてのビールになったのではないかと言われています。

Q6.ビール1本でどれくらいの麦芽を使うの?

麦芽一般的に、大びん(633ml)1本に対して、手のひらに2杯(約90g)ぐらいの麦芽を使います。ホップは、「花」の部分を10個ぐらい(約1g)使います。

Q7.ビールの大ビンはなぜ633mlなの?

昭和15年に日本で初めて「酒税法」が制定され、国内のビールの内容量が統一されることになりました。国内に出回っているビールビンの内容量を調べたところ、一番多いものが「643.9ml」、一番少ないものが「633.1ml」であったため、容量が一番小さいものに合わせれば、大きいビンもこれまで通り使うことができるという理由から、「633ml」という容量に統一されることになったようです。

Q8.ビール瓶の寿命はどれくらい?

ビール瓶の耐用年数は、「約8年」といわれています。ビール瓶は約4ヶ月間隔でお客様と工場を行き来しており、年間3回程度リサイクルされています。

Q9.王冠のギザギザの数は何個?

王冠のギザギザは、JIS規格で「21個」と定められています。その理由は、「3の倍数」が力学的に安定した数字であることと、ギザギザが多すぎると栓が抜きにくく、少なすぎると栓が外れ易いためです。21個という数字は、栓が抜きにくくもなく、外れ易くもない「ちょうど良い」数字なのです。(ちなみに、王冠が使用され始めたのは明治33年ごろで、それまではコルクの栓が使われていました。)

Q10.アルミ缶の厚さはどれくらい?

ビールのアルミ缶は非常に薄く、最も薄い部分で、「0.1mm」程度です(新聞紙と同じくらいの厚さ)。アルミ缶は、耐久性と軽量性を兼ね備えており、ビール業界で最も流通している容器です。

Q11.ビールの「生」とは何のこと?

ビールの「生」とは、「熱殺菌をしていない」という意味です。一般的に、熱殺菌をすると「焦げたような臭いや雑味が増す」と言われているため、熱殺菌したビールは、日本ではあまり流通していません。日本で流通しているビールは、瓶・缶・樽を含めほとんどが「生」ビールです。

Q12.ビールと発泡酒、新ジャンルの違いは何?

ビールと発泡酒の違いは、使っている「麦芽の量」の違いです。
酒税法では「全原料に対して麦芽が1/2以上」が使われているものはビール、「1/2以下」のものは発泡酒に分類しています。麦芽は、ビールの「コク」や「旨み」に関係しているため、麦芽の量が多いビールは、発泡酒に比べて、一般的にコクや旨みが強い場合が多いと言われています。 新ジャンルは酒税法上の「その他の発泡性酒類」のうち「特別税率」が適用される「ホップまたは苦味料を原料とした酒類」で次のものに限ります。1)糖類、ホップ、水及び大豆たんぱく等を原料として発酵させたもの(エキス分が2度以上のもの)2)発泡酒に、麦原料スピリッツを加えたもの(エキス分が2度以上のもの)

Q13.ビールを飲むとホントに太るの?

ビールだけを飲んでも、あまり太ることはありません。
ビールに含まれているカロリーは、ほとんどが「アルコール」に由来するカロリーで、アルコールに含まれているカロリーは、炭水化物などと違い、ほとんどが身体に蓄積されずに数時間で完全に分解されます。「ビールを飲むと太る」と言われるのは、ビールには食欲を増進させる効果があるためだと考えられています。

Q14.ビールには健康に悪いプリン体が多いの?

ビールに含まれるプリン体の量は、他の食品と比べるとあまり多いとは言えません。例えば、ビールのM缶(350ml)には、「約26mg」のプリン体が含まれていますが、この量は、サンマ1匹を16等分した切り身の1個分にしか相当しません。発泡酒ではさらにプリン体の量が少なく、サンマ1匹を40等分した切り身の1個分程度です。「ビールにはプリン体が多い」と言われるのは、他のお酒(例えば日本酒)と比べて多いためだと考えられます。